カテゴリ:MNC(みんなのネットワーク)( 30 )
第10回 MNC (於:分とく山)
◆開催日
2010年2月6日(土)10:00~13:00
◆MNC勉強会報告
南麻布の「分とく山」で新年会を兼ねて行った。
「分とく山」の総料理長・野崎洋光氏は、MNCの会員なので、野崎氏の好意により、10時から11時30分まで勉強会、11時30分から13時までビュッフェスタイルで、「分とく山」のスタッフの料理を満喫しながらの新年会を行った。
◆話題提供
1.野崎洋光氏:「分とく山」の料理を高く評価している巨人軍の名誉監督の長島氏の野球人生の考え方、仏教の経典、相田みつを氏の考え方を取り入れた野崎氏の料理の哲学の話であった。
美味しい料理には、料理を作る人の心が浸透しているといわれている。
これからの料理店の料理には、作る人の哲学が反映しないと、客は高く評価しなくなると思われる。
2.堀知佐子氏(赤坂の「菊乃井」の東京店総括部長、三田に野菜料理をコンセプトにした「リール」店主):健康と食生活が注目されていることから、アンチエージングをコンセプトに美容と料理に関する料理教室を開くことになったとの紹介。
3.新倉ごま氏:日本酒の「酒利き」を専門とする立場から、日本酒の評価についての解説。
4.石山 司氏(食品商社、野口食品):①中国は、富裕層が増え、中国内で生産した安い食材は食べなくなり、高級食材を利用する傾向が強く見られる。②日本近海では大型のアカイカの漁獲量が減少し、スペインの近海で漁獲される大型のムラサキイカの利用が増えた。

※次回は、話題提供として①スポーツ栄養に関するテーマ、②嚥下食に関するテーマを予定
                                                                                                                                                                                              文責:世話人代表 成瀬
[PR]
by kosakai_blog | 2010-02-15 19:33 | MNC(みんなのネットワーク)
第9回 MNC (於:本社3F会議室)
◆開催日
2009年10月3日(土) 10:00~14:30
◆テーマ 1)
『シンガポールの医療制度と栄養士制度について』
◆講師
鎌倉女子大学教授・臨床栄養学 市原幸文氏
市原先生は、シンガポールの病院を視察して習得した医療制度と栄養士制度(栄養部門の仕組みや食事内容、調理現場など)について、ラッフルホスピタルとアレキサンダホスピタルの2病院を例に説明し話題提供された。
シンガポールの医療制度は、「健康の責任は自分が負担すること」を前提に実施されているので、
・日本のような健康保険制度はない
・医療費は、基本的には個人負担である
・医療費の積み立てが義務付けられている
栄養士制度については
・現在は栄養士は民間資格であり、国家資格への制度変更への活動をおこなっている
・栄養士数は約120人で、臨床栄養士である(アメリカで管理栄養士の資格を習得している人が多い)調理場はHACCPを取得し、衛生的に行われているが、宗教上の関係で調理場が区分けされている。
病院における治療や入院について、支払い金額によるランク付けがあること、医療費の積み立てについてなど、興味ある話題が提供された。
◆テーマ 2)
『食品の多糖類性質と嚥下食への応用』
◆講師
小堺化学工業株式会社 営業部長・多糖類の専門家 佐野征男氏
前回(6月)の勉強会では、嚥下食のことが話題なったので、多糖類を専門とする佐野氏による多糖類性質についての講義の後に
①佐野氏が調整した多糖類の違いによるコーヒーゼリーを参加者が食べてテクスチュアーの違いを確認した。
②現在市販されている各種とろみ物質を、参加者が自分で実際に水に溶かして粘性の状態を確認した。
糖尿病指導士や管理栄養士、自分が糖尿病の参加者などが、糖尿病予防あるいは治療のための多糖類、糖質、単に糖類と表示されている場合の疑問についての意見交換があった。
さらには、サプリメント使用と関連し「分子整合栄養学」という新しい専門用語がスポーツ栄養の分野では問題になっている事やとろみの話題から、総入れ歯の人の味覚に関する問題もこれからの研究課題となるのではないかと話題が展開した。
◆会員の活躍状況
堀知佐子氏のproduceした惣菜が、ナチュラルローソンで採用されている。
清水宏氏は、埼玉で無農薬野菜の栽培を本格的に始める。
新倉ごま氏は、利き酒しとして雑誌dancyuなどで活躍注である。
皆さんの活躍状況を教えて下さい。
今回は、仕事(土曜日に仕事のある人が多くなりました)や会員のお子さんの運動会などで参加できなかった人が多くおられました。
参加者は25名で、今回は管理栄養士専攻の学生さんも参加されました。
◆謝辞
今回も小堺化学工業株式会社の社長以下皆さんのご好意で会議室を利用させていただき、勉強会、懇親会が盛大に行うことができましたことに、会員一同謝意を表します。
さらに、管理部長で、このHPの掲載に協力してくだっている小堺ひとみ氏には、懇親会用に手作り肴を準備していただき、お礼もうしあげます。
話題提供の市原氏、佐野氏にはボランティアで、お話して頂き有難うございました。
神奈川県栄養士会会長の中丸ちづ子氏にも参加して戴き、有難うございました。
◆追記
次回の勉強会は、2010年2月に新年会を兼ねて行いたいと思います。
卒業学校、職種を問いません、ご希望の方の参加を待っています。
会員には栄養士の資格をもっている人が多いので、メタボなどで悩んでいたり食事のアドバイスを受けたいかたにも、アドバイスする栄養士がおります。

                                             文責 世話人代表 成瀬
[PR]
by kosakai_blog | 2009-10-05 19:28 | MNC(みんなのネットワーク)
第8回 MNC (於:白金高輪「Rire])
◆開催日
2009年6月13日(土) 10:00~14:00
◆テーマ
『いま、食のマーケットで起こっていること』
◆講師
柴田書店・社長 土肥大介氏
1.いま、食のマーケットで起こっていること
①料理界は「ストレートな美味しさ」に評価
 フランス料理、日本料理、イタリア料理などの最近の傾向を紹介し、「ネオ・ビストロ」が台頭してきていることも紹介。
②今売れているメニューのキーワードとして、「情報性」「郷土料理」「魚河岸酒場」「地産地消」「頭を満たす商品」をあげている。
③中食ビジネスは、これからも抑えておく必要がある。
2.参加者のフリートーキングのテーマは、生活習慣病、自給自足の問題と農業との関係

※次回は10月3日(土)10:00~14:00  於:小堺化学工業会議室

話題提供は「生活習慣病」

                                                       文責:成瀬

リンク : 白金高輪 Rire
[PR]
by kosakai_blog | 2009-06-15 00:00 | MNC(みんなのネットワーク)
第7回MNC(於:本社3F会議室)
第7回武蔵野栄養専門学校ネットワーク(NMC)が2009年1月31日(土)に開催されました。

食生活ネットワーク(卒後勉強会)とは・・

健康や食生活に関する科学的研究は日々進歩し、毎日のように新しい事実や研究結果が発表され、食品や健康に関しては研究の面ばかりでなく技術の面でも非常な速度で進化し、変化している。
専門の学校を卒業してからも、常に研究雑誌やマスメディアに注目していないと、自分の持っている知識は古いものであることを経験する人は多い。

3年前から小堺化学工業株式会社の社長のご好意により、食品や健康に係わっている社会人や学生が集まって情報交換と勉強会を行っている。
現在のところ、勉強会を立ち上げたときの仲間たちの関係から武蔵野栄養専門学校の卒業生と鎌倉女子大学家政学部卒業生、これら卒業生の友人などがメンバーである。
今後は、内容を充実するために、食や健康に関して興味のある方の参加も期待している。
和やかな雰囲気で行っている会である。


◆テーマ
食品添加物業界の歴史と思い出
◆講師
氏家和夫氏(小堺化学工業㈱ 相談役)

※食品添加物の安全性の問題、粉末ジュースに使われた添加物から、豆腐に使われたAF2なども含め日本の食品添加物の歴史の話があった。
今後の食品添加物の使用については、これまでのように使用については種類、量ともに減少していくと思われるが、使わざるを得ないケースは多く、食品の安全・安心に沿った使い方として残るであろうとまとめていた。

◆その他

※スポーツ栄養を勉強している堀越氏からは、スポーツを通し、食育の実践も必要ではないかとの問題提起があった。

※分けとく山の料理長の野崎氏から「食育」という言葉から表にでて、本当の食育は何かということが、確立するには、時間がかかるとの提案があった。

※分けとく山の新宿・伊勢丹の佐々木氏からは、調理人の食品衛生の徹底したマニュアルと実践の話題提案があり、さらに、クレーマーの問題解決に悩みがあるとの話題もあった。

※野口食品の山田氏から、中国の食品汚染や偽装の問題はまだまだ出てくるのではないかということを中心とする話題提供があった。

※病院、事業所の管理栄養士からは、中国の食品汚染の問題から食材の調達に苦慮している話題があった。また、事業所の管理栄養士からは、従業員の約10%はメタボリックシンドロームで、その栄養指導が最近は増えているとの話題提供もあった。


※メンバーの佐藤氏が勤務している新潟の漬物会社(㈱増子)のたくわんの今後の開発に対する意見が欲しいということから、たくわん、糖イワシを中心とした食味評価の協力も行った。

                   文責:成瀬


第8回NMC 2009年6月中旬頃開催予定(於:白金高輪「リール」)

◆テーマ
厨房の衛生について
流通からみた日本の食糧問題
食品添加物からみた日本の食糧問題
日本人の健康と食育について

リンク : Rire(リール)
[PR]
by kosakai_blog | 2009-02-03 00:00 | MNC(みんなのネットワーク)
第6回MNC(於:本社3F会議室)
第6回武蔵野栄養専門学校ネットワーク(NMC)が8月30日(土)に開催されました。

食生活ネットワーク(卒後勉強会)とは・・

健康や食生活に関する科学的研究は日々進歩し、毎日のように新しい事実や研究結果が発表され、食品や健康に関しては研究の面ばかりでなく技術の面でも非常な速度で進化し、変化している。専門の学校を卒業してからも、常に研究雑誌やマスメディアに注目していないと、自分の持っている知識は古いものであることを経験する人は多い。

3年前から小堺化学工業株式会社の社長のご好意により、食品や健康に係わっている社会人や学生が集まって情報交換と勉強会を行っている。
現在のところ、勉強会を立ち上げたときの仲間たちの関係から武蔵野栄養専門学校の卒業生と鎌倉女子大学家政学部卒業生、これら卒業生の友人などがメンバーである。
今後は、内容を充実するために、食や健康に関して興味のある方の参加も期待している。
和やかな雰囲気で行っている会である。


◆テーマ
生活習慣病予防の栄養指導現場から
◆講師
渡邊亜由美氏(かねしろ内科クリニック)

※日本でも数少ない糖尿病専門の日本糖尿病療養指導士で管理栄養士の渡邊亜由美氏が、生活習慣病の治療を行っているかねしろ内科クリニックで栄養相談や栄養管理に係わっており、現在注目されているメタボリックシンドロームの栄養と健康管理について、実例をあげて話題提供がされた。
実例としては成功例と成功しなかった例をあげて説明された。このクリニックは7名の医師、3名の管理栄養士に看護師によりチームを組んで、患者一人ひとりの栄養と健康管理を実施している。
成功するには、医療従事者よる指導や管理だけでなく、家族の協力と患者自身の心構えが非常に重要であることが必要であることと、食事だけでなく、運動や精神的ストレスの緩和も必要であるとまとめた。


◆テーマ
生活習慣病予防の為の洋風野菜料理を実施して
◆講師
堀 知佐子氏(ル・ヴェルデュリエ白金のベーカリーカフェRire経営)

※管理栄養士・食生活アドバイザーで、健康づくりのための料理を提案し、自分でそのような提案をする小さなレストラン経営している堀知佐子氏から、野菜の機能性成分を生かした野菜料理の工夫についての話題提供があった。
脂肪の多い食品を好んで食べる現代人は、肥満や便秘などによる生活習慣病が増加しているといわれているので、がん予防によい野菜類の摂取を多くするべきであると、自分の料理教室から発信している。
堀氏は京都の有名日本料理店で修業したので、今回は京風野菜料理を作って提案した。


◆テーマ
大量調理の衛生管理のマニュアルについて
◆講師
森谷和弘氏(JFF)

※食品の衛生検査会社に勤務している森谷和弘氏は、6月に厚労省から通達のあった「大量調理施設の衛生管理」についての情報提供があった。
これからは、食品の衛生検査ではノロウイルスの検査も強化するようになるし、従業員の検便も腸管出血性大腸菌の検査も行わなければならないということである。


◆テーマ
今までの調理方法の間違い点、食育に関連して和食の重要性などの話題提供
◆講師
野崎洋光氏(日本料理分とく山 総料理長)


◆その他

※新潟で漬物会社の品質管理者として勤務しながら、自分でコメや野菜も作っている佐藤浩美氏からは、国産のコメや野菜を作る後継者が減少していることは、日本のこれからの食料を確保するのに問題であるとの情報提供があった。

※子供の食事マナー、食品添加物、中国の冷凍食品に関する話題提案もあった。      


                   文責:成瀬


第7回NMC 平成21年1月31日(土)開催予定(於:本社会議室)
  
◆テーマ
アレルギー疾患の子供たちへの食事指導
最近の高級和食店を訪れるお客さんの考え方
日本の食品業界の変化と食品添加物の利用傾向 等

リンク : 堀知佐子さん経営のRire
[PR]
by kosakai_blog | 2008-09-03 00:00 | MNC(みんなのネットワーク)
第5回MNC(於:本社3F会議室)
第5回武蔵野栄養専門学校ネットワーク(MNC)が3月22日(木)に開催されました。

◆テーマ
食の安心・安全について
◆講師
成瀬宇平氏(弊社顧問)
山田氏(野口食品)


※中国の食品の問題点と日本の食品関連業界の現状を主題として、情報交換をしました。
・漬物の原料が中国から輸入されない現状において、新潟の漬物会社は、原料の調達に苦慮していること。
・農家は高齢者が多くなりコメも野菜も生産者が少なくなり、国内の原料も少なくなっていること。
・日本の食料の自給率はますます減少すると考えられるとのこと。
・中国から日本への食品の輸出が止められていること、日本から中国への食品への発注がないことから、しばらくは中国からの食品の輸入はないとのこと。
・現在、山東省の倉庫には日本向けの食品が保管されていること。 等

私達のこれからの食品への取り組みとしては、食育を通して品質や安全性などを確認する知識をもたねばならないことを啓蒙すべき勉強会でした。


第6回MNC 8月30日(土)開催予定(於:本社3F会議室)
[PR]
by kosakai_blog | 2008-04-07 00:00 | MNC(みんなのネットワーク)
第4回MNC (於:本社3F会議室)
第4回武蔵野栄養専門学校ネットワーク(MNC)が開催されました。


◆テーマ
メタボリックシンドロームと栄養管理について
◆講師
東京医科歯科大学 管理栄養士 西原 真二氏


◆テーマ
心身障害児の食生活とケアの問題について
◆講師
東京小児療育病院 管理栄養士 大塚 周二氏
[PR]
by kosakai_blog | 2007-11-17 00:00 | MNC(みんなのネットワーク)
第3回MNC (於:本社3F会議室)
第3回武蔵野栄養専門学校ネットワーク(MNC)が開催されました。


◆テーマ
男性料理教室から現在の食生活に感じた事について
◆講師
マノ料理学園 副園長 間野 実花氏


◆テーマ
新潟の米作りから農業の現状、現在の食生活について
◆講師
株式会社太陽松食品 工場長 佐藤浩美氏


◆テーマ
調理人からみた日本の料理と今後の展望について
◆講師
分とく山 総料理長 野崎洋光氏
[PR]
by kosakai_blog | 2007-07-21 00:00 | MNC(みんなのネットワーク)
第2回MNC (於:本社3F会議室)
第2回武蔵野栄養専門学校ネットワーク(MNC)が開催されました。


◆テーマ
食品の輸入の現状と確保について
◆講師
株式会社野口食品 営業部 島岡氏・山田氏・石山氏


◆テーマ
ノロウィルスの発生状況と予防について
◆講師
JFEジーエス株式会社 食品衛生調査部 森谷和弘氏


◆テーマ
京都の料理とだし
◆講師
鎌倉女子大 名誉教授 成瀬 宇平氏 (弊社顧問)


◇成瀬 宇平氏のプロフィール
1935年福島県生まれ。日本大学農獣医学部卒業。
同大、同学講師、鎌倉女子大学教授を経て、現在鎌倉女子大学名誉教授。医学博士。


◇著書
・食育指導ガイドブック(丸善)
・「食」の右側、左側(丸善)
・下ごしらえ便利辞典(柴田書店)
・応用調味料の辞典(柴田書店)
 など著書多数。


リンク : 成瀬 宇平氏の著書 (Kinokuniya BookWeb)
[PR]
by kosakai_blog | 2007-02-24 00:00 | MNC(みんなのネットワーク)
第1回MNC (於:本社3F会議室)
第1回武蔵野栄養専門学校ネットワーク(MNC)が開催されました。


ネットワークの立ち上げの趣旨確認・顔合わせ及び座談会が開かれました。
本会は武蔵野栄養専門学校、武蔵野調理師専門学校の卒業生が食を中心とした各業界で専門的に活躍している現状の中、卒業生のネットワークを作り互いの得意分野での知識を高めたり、仕事上でのコミュニケーションを通じ活躍の場を広げて行く目的で発足されました。


◆テーマ
食育とは何か?

日本国の自給率問題と中国・ロシア・インドの職の多様化による世界の食糧供給バランスの崩壊についてメディアの食品に対する報道姿勢、偏った情報により本来必要な情報が報じられていない事について高齢化社会に向け嚥下困難患者向けの食の開発が必要とされている事について 等
[PR]
by kosakai_blog | 2007-01-20 00:00 | MNC(みんなのネットワーク)



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.