<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
第10回 MNC (於:分とく山)
◆開催日
2010年2月6日(土)10:00~13:00
◆MNC勉強会報告
南麻布の「分とく山」で新年会を兼ねて行った。
「分とく山」の総料理長・野崎洋光氏は、MNCの会員なので、野崎氏の好意により、10時から11時30分まで勉強会、11時30分から13時までビュッフェスタイルで、「分とく山」のスタッフの料理を満喫しながらの新年会を行った。
◆話題提供
1.野崎洋光氏:「分とく山」の料理を高く評価している巨人軍の名誉監督の長島氏の野球人生の考え方、仏教の経典、相田みつを氏の考え方を取り入れた野崎氏の料理の哲学の話であった。
美味しい料理には、料理を作る人の心が浸透しているといわれている。
これからの料理店の料理には、作る人の哲学が反映しないと、客は高く評価しなくなると思われる。
2.堀知佐子氏(赤坂の「菊乃井」の東京店総括部長、三田に野菜料理をコンセプトにした「リール」店主):健康と食生活が注目されていることから、アンチエージングをコンセプトに美容と料理に関する料理教室を開くことになったとの紹介。
3.新倉ごま氏:日本酒の「酒利き」を専門とする立場から、日本酒の評価についての解説。
4.石山 司氏(食品商社、野口食品):①中国は、富裕層が増え、中国内で生産した安い食材は食べなくなり、高級食材を利用する傾向が強く見られる。②日本近海では大型のアカイカの漁獲量が減少し、スペインの近海で漁獲される大型のムラサキイカの利用が増えた。

※次回は、話題提供として①スポーツ栄養に関するテーマ、②嚥下食に関するテーマを予定
                                                                                                                                                                                              文責:世話人代表 成瀬
[PR]
by kosakai_blog | 2010-02-15 19:33 | MNC(みんなのネットワーク)
2010年 第1回日本橋発伝所 伝習会・交流会(於:本社3F会議室)
◆開催日
2010年2月3日(水) 18:30~20:30
◆テーマ
『皇室献上ほうじ茶処 「森乃園」に聞くほうじ茶の魅力』
◆講師
『森乃園』 社長兼本店長 渋谷仁志氏


「森乃園」は、大正3年(1914年)創業の自家焙煎にこだわる人形町の甘酒横丁の名店です。
「森乃園」の渋谷社長から、自らブレンドする100種類以上のほうじ茶へのこだわりと、魅力についてを直接伺いました。
また、自家焙煎の極上ほうじ茶の入れ方を伝授して頂き、講師の入れた美味しいほうじ茶の試飲を致しました。
お茶の味は、入れ方で全く異なりますと仰るとおり、私達の概念を越えた大胆な入れ方に一同釘付けでした。
ほうじ茶は、急須で入れては味が出ません。
なぜなら、焙煎により軽くなった茶葉が浮かんでしまい、味を出すためには2~3分沸騰させたカルキを飛ばした熱湯をたっぷり茶葉(20g位)が入ったのティーポット中へ高い位置から注ぎ、他のティーポットへ何度か移し変える事で味と色が抽出されるという御話しでした。
さらに、この極上ほうじ茶は、この入れ方でどんどん黒味を増し、人肌に冷めたころが一番うま味が感じられるそうです。
懐かしい日本の御茶請け文化の素晴らしさを堪能しました。
さらに、開発された薬膳ほうじ茶の利尿作用がデトックスにかなり良いとのコメントを伺いました。http://morinoen.jp/info/16815
また森乃園のソフトクリームは、抹茶ではなくほうじ茶のソフトクリームであり、色はベージュで香りも香ばしくお勧めの一品です。
ソフトな口調での渋谷社長のお話はお茶と同様にホッとする講演で、あくまでも焙煎にこだわるほうじ茶の奥の深さを学んだひと時でした。


リンク:森乃園
[PR]
by kosakai_blog | 2010-02-04 09:56 | 伝習会・交流会



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.