食のサロン その22 《江戸前蕎麦の話 ②》
伝統的な物であろうか蕎麦屋の屋号に何々庵と言う屋号を良く見かける。
客の方は店名にこの庵が付いている事によって何となく美味しい蕎麦を連想するようなので不思議でもある。
なるほど一茶庵、本村庵、大村庵、長寿庵等名店が多いのも事実である。
江戸中期浅草の浄土宗の寺院内に道光庵と言う庵があった。
この庵主が信州出身で蕎麦打ちが得意であったので参拝の人達に蕎麦を振舞っていた。
これが大変おいしい蕎麦と評判になり信心にかこつけて蕎麦目当てに人が集まるようになる。
やがて評判が評判を呼び人々が列をなしたと伝えられている。
その道光庵にあやかりたいと当時の蕎麦店が屋号に庵を付けるようになったと言われる。
蕎麦打ち名人にあやかってうまい蕎麦を打てるようにと言う事もあったのかもしれない。
道光庵のあまりの繁盛ぶりと騒ぎを見かねて本院の和尚が本来の修行の妨げになるとこの庵の蕎麦を禁じてしまった。
天明六年(1786)の事とされる。
この道光庵を屋号とする蕎麦屋が西日暮里にある。
先の道光庵との関連は知らないが創業30年地元で評判は良いようである。
屋号に庵の付く都内の老舗の代表格は上野の蓮玉庵があげられる。
上野不忍池の蓮の葉の上にある玉のような蕾にちなみ蓮玉庵と店名に付けたと言われる。
創業は安政六年。
斉藤茂吉がこの店を短歌で読み、森鴎外の雁を始め坪内逍遥、樋口一葉らの作品にも登場する。
店の看板と石額は久保田万太郎の筆と聞く。
同じく庵の付く蕎麦店では栃木県足利の一茶庵が昭和において手打ち蕎麦の普及に貢献した事が特記される。
この店は当初東京の新宿に店を開きその後大森にて店を構えた。
大森の一茶庵は美味しい蕎麦店として評判を得ていたが戦火に焼かれ時を経て栃木県足利にて一茶庵を再開する。
やがて美味い蕎麦を求めて東京から足を運ぶ人もあったばかりか、その蕎麦の技術を学ぼうと各地から足利詣でを行う人が多く現れた。
主人片倉康雄は当時何処の店も秘伝として企業秘密であった手打ち蕎麦の技術を乞う物に惜しみなく教えた。
以来そこで技術を学んだ親族や弟子は1000人を数え700軒以上の蕎麦店に技術が伝承されたと言われている。
九段一茶庵や鎌倉一茶庵を始め弟子や孫弟子による全国の名店は多い。
豊島区南長崎で翁を開店した高橋邦弘も片倉康雄の「日本そば大学講座」を受講した後一茶庵宇都宮で修業した弟子のひとりである。
翁は評判を得て繁盛したがその後自家製粉を行う為山梨県長坂に移る。
現在はその弟子が翁長坂店を継いでいる。
高橋邦弘は広島を拠点に蕎麦指導を中心として全国で活動を続けている。
                                                         文責:青木知廣
[PR]
by kosakai_blog | 2012-03-05 14:18 | 食のサロン
<< 2012年 第11回「お江戸日... 食のこぼれ話 その6 山形県 ... >>



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.