第17回 MNC(みんなのネットワーク) 於:本社会議室 3F
◆開催日時
2012年5月12日(土) 10:00~ 勉強会 12:30~ 交流会
◆場所
小堺化学工業㈱ 3F会議室
◆参加者
MNCは、小堺化学工業㈱の栄養士の友人・知人が卒後のスキルアップの目的で行っている研究会である。
MNCメンバー及び栄養士とは限らずに食品や食生活に興味をもたれている方々が、今回は20名参加した。
◆テーマ・講師・概要

話 題 1:『漬物の機能性成分について』
話題提供者:MNC主宰 成瀬宇平氏
漬物に含まれる乳酸菌の働きと漬物の製造過程で生成されるGABAの働きについて

 
話 題 2:『新潟産沢庵の製造と問題点について』
話題提供者:株式会社増子 佐藤浩美氏
㈱増子での沢庵の製造過程をスライドで紹介しながら、問題点も指摘していた。
問題点は
①原料のダイコンの収穫時期と販売との関係
②衛生的な取り扱い
③調味液の浸漬など  
リンク:株式会社増子

話 題 3:『食品の放射性物質による汚染の現状と食品の取次店の課題』
話題提供者:株式会社 野口食品 山田晃氏
食品中の放射線物質の暫定規制値が、2012年4月から「規格基準値」に変更により、供給する立場でも放射性物質の検査を実施している。
例えば、ある宴会の参加者から、料理をつくる料理店に「材料の原産地の確認、放射性物質の検査の確認」の問い合わせがあった。
「確認や検査をしていない」と返答したら、その宴会には出席しないという事例があげられた。
食品中の放射性物質の規格基準は、今後の検査や研究によりさらに厳しくなると考えられるので、常時、放射性物質による汚染や人体への影響に関する情報を把握しておかねばならない。
これが、今後食品関連分野に従事している人の欠かせない心構えであるとの結論である。
リンク:野口食品


※生協関係新聞に主宰者の成瀬宇平氏関連の記事が掲載された。

コープニュース(5月10日) 《千思万想》 より抜粋
=故郷福島へのエール=
『成瀬宇平先生の本との出会いは1995年に出版された「魚料理のサイエンス」を読んだ時からで17年前のことになる。
それまで知らなかった旨味の秘密とか調理のコツ、料理の化学的アプローチを読み目から鱗の衝撃を受けた。・・・・・・・
ある会をきっかけにMNC(みんなのネットワーク)研究会に参加している。・・・・・
この4月に『免疫力を高める生き方』(健学社刊)を出版され、成瀬氏が福島・浜通り出身であり震災・原発被害にあった福島の人々に「山あり、谷ありの人生だからこそ身についた『生きるパワー』を復旧・復興に向けて頑張っている福島の人に届けられないか」という思いでこの本が生まれたそうである。・・・・・
いくつかの病気を乗り越え、元気に生きている事に感謝し、生涯現役で過ごす方法をわかりやすく説明している。・・・・・
成瀬先生の物事への取り組みが明るくオープンなことが、本のタイトルどおり「免疫力を高める生き方」にほかならず実生活で簡単に実践できる食の知恵も多く書かれている。
印税・売り上げの一部を復興支援のために協力しているこの本を是非、中高年の男性諸氏に読んでいただきたい。 (株式会社生活分化出版 代表 田中陽子さんの掲載記事)


※次回の開催
◆開催日時
2012年9月8日(土) 10:00~ 勉強会 12:30~ 交流会
◆場所
小堺化学工業㈱ 3F会議室
◆テーマ・講師・概要
テーマ:『金融の危機管理の視点から食生活と家計を関連付る』
講 師:ときわ総合㈱ 山下朗裕氏
                                                        文責:成瀬宇平
[PR]
by kosakai_blog | 2012-05-16 15:54 | MNC(みんなのネットワーク)
<< 食のこぼれ話 その11 埼玉県... 食のサロン その24 《江戸前... >>



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.