第9回 MNC (於:本社3F会議室)
◆開催日
2009年10月3日(土) 10:00~14:30
◆テーマ 1)
『シンガポールの医療制度と栄養士制度について』
◆講師
鎌倉女子大学教授・臨床栄養学 市原幸文氏
市原先生は、シンガポールの病院を視察して習得した医療制度と栄養士制度(栄養部門の仕組みや食事内容、調理現場など)について、ラッフルホスピタルとアレキサンダホスピタルの2病院を例に説明し話題提供された。
シンガポールの医療制度は、「健康の責任は自分が負担すること」を前提に実施されているので、
・日本のような健康保険制度はない
・医療費は、基本的には個人負担である
・医療費の積み立てが義務付けられている
栄養士制度については
・現在は栄養士は民間資格であり、国家資格への制度変更への活動をおこなっている
・栄養士数は約120人で、臨床栄養士である(アメリカで管理栄養士の資格を習得している人が多い)調理場はHACCPを取得し、衛生的に行われているが、宗教上の関係で調理場が区分けされている。
病院における治療や入院について、支払い金額によるランク付けがあること、医療費の積み立てについてなど、興味ある話題が提供された。
◆テーマ 2)
『食品の多糖類性質と嚥下食への応用』
◆講師
小堺化学工業株式会社 営業部長・多糖類の専門家 佐野征男氏
前回(6月)の勉強会では、嚥下食のことが話題なったので、多糖類を専門とする佐野氏による多糖類性質についての講義の後に
①佐野氏が調整した多糖類の違いによるコーヒーゼリーを参加者が食べてテクスチュアーの違いを確認した。
②現在市販されている各種とろみ物質を、参加者が自分で実際に水に溶かして粘性の状態を確認した。
糖尿病指導士や管理栄養士、自分が糖尿病の参加者などが、糖尿病予防あるいは治療のための多糖類、糖質、単に糖類と表示されている場合の疑問についての意見交換があった。
さらには、サプリメント使用と関連し「分子整合栄養学」という新しい専門用語がスポーツ栄養の分野では問題になっている事やとろみの話題から、総入れ歯の人の味覚に関する問題もこれからの研究課題となるのではないかと話題が展開した。
◆会員の活躍状況
堀知佐子氏のproduceした惣菜が、ナチュラルローソンで採用されている。
清水宏氏は、埼玉で無農薬野菜の栽培を本格的に始める。
新倉ごま氏は、利き酒しとして雑誌dancyuなどで活躍注である。
皆さんの活躍状況を教えて下さい。
今回は、仕事(土曜日に仕事のある人が多くなりました)や会員のお子さんの運動会などで参加できなかった人が多くおられました。
参加者は25名で、今回は管理栄養士専攻の学生さんも参加されました。
◆謝辞
今回も小堺化学工業株式会社の社長以下皆さんのご好意で会議室を利用させていただき、勉強会、懇親会が盛大に行うことができましたことに、会員一同謝意を表します。
さらに、管理部長で、このHPの掲載に協力してくだっている小堺ひとみ氏には、懇親会用に手作り肴を準備していただき、お礼もうしあげます。
話題提供の市原氏、佐野氏にはボランティアで、お話して頂き有難うございました。
神奈川県栄養士会会長の中丸ちづ子氏にも参加して戴き、有難うございました。
◆追記
次回の勉強会は、2010年2月に新年会を兼ねて行いたいと思います。
卒業学校、職種を問いません、ご希望の方の参加を待っています。
会員には栄養士の資格をもっている人が多いので、メタボなどで悩んでいたり食事のアドバイスを受けたいかたにも、アドバイスする栄養士がおります。

                                             文責 世話人代表 成瀬
[PR]
by kosakai_blog | 2009-10-05 19:28 | MNC(みんなのネットワーク)
<< 調味料 その4 《料理と塩》 歳時記 その5 《サケの燻製》 >>



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.