カテゴリ:お江戸日本橋伝承会( 53 )
2013年 第23回「お江戸日本橋伝承会(伊場仙)」 於:伊場仙ビル7Fセミナールーム
◆開催日時
2013年7月3日(水)18:30~20:30
◆テーマ
『浮世絵から見た江戸時代』
◆講 師
株式会社伊場仙 十四代目 当主 吉田誠男氏
a0135894_1712460.jpg





◆概 要
天正18(1590)年に創業(初代の生誕年としている)し、今年で423年の日本橋最古の老舗の伊場仙は、創業当時は、和紙・竹製品等の幕府御用達で、江戸後期より団扇浮世絵を扱い始め、初代豊国・国芳・広重等の版元として「伊場屋」の名を江戸市中に広め、現在では「伊場仙版」の絵を大英博物館・ボストン美術館・メトロポリタン美術館等の海外の美術館で見ることができます。
江戸時代の版元と浮世絵師の関係などもお伺いました。



a0135894_17204772.jpg



伊場仙の団扇にある浮世絵は、隠し絵とされ春画などそのものズバリ描かれるものではなく、その絵から想像出来る大変機知に富んでいる春画のひとつでもあり、当日は皆様のお土産に特注の団扇をお持ち帰りいただき、参加者は江戸団扇の風情を楽しんでいました。

a0135894_17212893.jpg


また、吉田社長は専攻が原子力工学のご専門であり、老舗を継承された時の心情や秘話、また日本橋の未来に向けての積極的な街づくりの活動について等を伊場仙のセミナールームをお借りして、60名近い参加者でいつもとは違う迫力のある勉強会となりました。

リンク:伊場仙セミナールーム


軽食:かやば町 鳥徳
リンク:鳥徳

a0135894_17301853.jpg




お土産:浮世絵江戸団扇(伝承会オリジナル)
a0135894_1734875.jpg


サイト:伊場仙


a0135894_17343767.jpg


a0135894_1735239.jpg

[PR]
by kosakai_blog | 2013-07-22 17:56 | お江戸日本橋伝承会
2013年 第22回「お江戸日本橋伝承会(千疋屋総本店)」 於:本社 3F 会議室
◆開催日時
2013年6月5日(水)18:30~20:30
◆テーマ
『サムライ弁蔵 ~水くわし売り出し179年~千疋屋総本店』


◆講 師
株式会社 千疋屋総本店六代目店主 大島 博 氏
a0135894_16455156.jpg


◆概 要
a0135894_16283740.jpg

天保5(1834)年に創業し、江戸、明治、大正、昭和、平成と様々な時代の皆様に支えられてきました千疋屋総本店。
千疋屋の屋号はどうして?から始まる各時代のよもやま話を画像を交えながら、千疋屋総本店六代目店主 大島 博 氏に伺いました。



a0135894_16233271.jpg

また、タイムリーにも日本橋室町の「YUITO」隣に3月29日、「浮世小路千疋屋ビル」が竣工されました。
コレド室町、YUITOに続く3番目の施設として登場した千疋屋新社屋は、地下2階から地上9階建て、5~9階を日本橋千疋屋総本店の本社を含む事務所エリアとし、地下1階にはタリーズコーヒー、地上1・2階には三重県事務所が運営拠点に、3・4階には眼科と歯科のクリニックが入居予定。地下1階で地下鉄や各ビルの商業フロアと直結するほか、地下2階でコレド室町、YUITOの駐車場とつながります。ビル名は、江戸時代、同所にあった地名「浮世小路」から名付けられ、来春には、同ビル隣に福徳神社社殿が完成し、新たな観光名所としても期待されます。
また、同ビル横に鳥居も設置され、福徳神社社殿が完成される頃には、素晴らしい参道となるのではないでしょうか?

武蔵の国埼玉郡千疋の郷から始まり、明治のモボ・モガの時代に日本初の西洋スタイルのフルーツパーラーを開店、次の時代は手の届かない「高級路線」ではなく、お客様が手の届く「ひとつ上の豊かさ」をコンセプトにロゴやメニューを変え、ワンランクうえのパーラーやショップへと進化した千疋屋総本店の、過去・現在・未来の歴史を大いに語っていただきました。


軽食:千疋屋の特製サンドイッチ・ヨーグルト・バナナ
a0135894_1611379.jpg


お土産:マンゴー
a0135894_161255.jpg



リンク:千疋屋総本店


a0135894_16255793.jpg


a0135894_16261341.jpg

[PR]
by kosakai_blog | 2013-06-22 14:50 | お江戸日本橋伝承会
2013年 第21回「お江戸日本橋伝承会(佐久間氏)」 於:本社 3F 会議室
◆開催日時
2013年4月3日(水)18:30~20:30
◆テーマ
『歌舞伎大向うの世界』
◆講 師
歌舞伎大向う 寿会会員 佐久間 由明氏
◆概 要

a0135894_155396.jpg


【講話】
世代交代期を迎えた歌舞伎界。五代目歌舞伎座が再開場され、新しい客層も増えるなか、舞台の芸を厳しく、そして温かく三階席から見つめる人達がいます。
三度のメシより芝居が好き。好きが高じて声まで掛ける集団。
そんな謎めいた“大向う”集団の真実を明して頂き、参加者に目から鱗の知識と沢山の度胸を佐久間氏から頂きました。

a0135894_1564076.jpg

 ◎掛け声の起源:褒め詞と悪態
 ◎類は友を呼ぶ:『連』と『会』
 ◎屋号と家:代々の家系と相関関係

【実技】
ちょっと無理をお願いして、一度はやってみたい掛け声の指導を受け、勧進帳のビデオに向かって『成田屋!』と皆で掛け声にチャレンジしました。
聞くのと掛けるのは大違いで、タイミングの難しさ、声をやはり「大向こう」の舞台に向かって掛ける難しさ
10年の修行が必要なのを身をもって体験した楽しい会となりました。

参加者へのお土産は、岩波新書の山川静夫氏著「歌舞伎の愉しみ方」は、初心者でもわかりやすい所作、決め事等書かれている単行本で、いざ歌舞伎座への前に是非読んでから行くとより良く理解できると感じた素晴らしい本をでした。

a0135894_15185433.jpg


a0135894_1519375.jpg

[PR]
by kosakai_blog | 2013-04-30 14:44 | お江戸日本橋伝承会
2013年 第20回「お江戸日本橋伝承会(由井常彦氏)」 於:本社 3F 会議室
◆開催日時
2013年3月6日(水)18:30~20:30
◆テーマ
『歌舞伎の女形』
◆講 師
明治大学名誉教授・公益財団法人三井文庫文庫長 由井常彦氏
◆概 要
「銀座 歌舞伎座」オープンを翌月に控え、勘三郎や團十郎ら看板役者の相次ぐ訃報、菊之助の結婚など話題に事欠かない歌舞伎界。
時事話題も交えつつ、「歌舞伎の女形」をテーマにお話をしていただきました。
先生ご自身も東大学生歌舞伎で女形を務められたご経験があり、女形の「立ち方」や「役柄」、「名優」、「衣装と化粧」の特徴や違いなど、経験者ならではの視点で興味深いお話で、歌舞伎がとても身近に感じました。

a0135894_18415114.jpg

由井先生には、毎年3月にご登壇いただき、今年で3年目となります。
先生の話術も然ることながら、今の歌舞伎の貴重な語り部として、この度の伝承会も必見となることでしょう。
東大で学生歌舞伎を立ち上げられ、ご自身が体験した歌舞伎についてのお話や是非若い方々に知って頂き、継承して欲しいというお考えもあり、今回も先生に大いに語って頂こうという企画で、90分間くいいいるようにお話を伺いました。

a0135894_18442421.jpg


「この人だあれ?」由井先生の学生時代の綺麗な女形のお姿を今回はお披露目していただきました。

a0135894_18391716.jpg

a0135894_18375477.jpg

また、2/2の讀賣新聞 夕刊の一面でご覧いただいた方も多いと思いますが、3年前の由井先生の講演で伺った、『「越後屋」は世界初の大型量販店で、18世紀を通じて世界最大規模だった』とおっしゃっていたとおり、その先生の研究が日仏経営史会議の報告集として発表された記事が取り上げられていました。
まずは、この辺のお話から始まった講演会でした。
由井先生は、大学時代の恩師の遺言をこの研究で立証されたために、お話の内容も然ることながら、今回の記事に対しては、誠に晴れやかなお顔での講演でした。

本題の「歌舞伎の女形」は、ご自身も女形をされていたために、役者の立場からの裏話も多く伺え、本当に楽しいあっという間の1時間半で、昨年の「男形」以上に素晴らしい体験談を伺えた伝承会となりました。

サイト:三井記念美術館

a0135894_18264789.jpg


a0135894_18363596.jpg


場所を変えての懇親会

a0135894_18285292.jpg

[PR]
by kosakai_blog | 2013-03-22 17:30 | お江戸日本橋伝承会
2013年 第19回「お江戸日本橋伝承会(深田博治氏)」 於:本社 3F 会議室 
◆開催日時
2013年2月 6日(水)18:30~20:30
◆テーマ
『狂言で鎌倉散歩』
◆会 場
小堺化学工業株式会社 3F会議室
◆講 師
和泉流狂言師 深田博治(ふかたひろはる)氏
◆講演概要
社団法人能楽協会 会員であり、野村万作氏を師とされている和泉流狂言師 深田博治氏に狂言の面白さのみならず狂言体験のご指導をいただきました。

a0135894_11282858.jpg狂言「鐘の音」の一部を深田氏に上演していただき、先ずは、鎌倉のお寺の様々な鐘の音に参加者もチャレンジし、ワークショップ形式の講演会となりました。

鎌倉の寿福寺・円覚寺・極楽寺・建長寺の鐘の音を擬音で説明してもらい、実際に演じた鐘の音を実感し、参加者は「腹の底から、顎をひいて等」講師の先生の指導のもと、今年初めての伝承会の取り組みに真剣に参加していただき、あたかもお稽古場のような講演会風景でした。

「金の値」と「鐘の音」を勘違いした太郎冠者が引き起こす、楽しい狂言を拝見し、さらに「若松」という狂言小謡を参加者全員で謡い、お土産の伊場仙の扇子を使って「酒を注ぐ所作等」を体験しました。
参加者全員で「清々しい春」を迎えた一夜となりました。
a0135894_11432573.jpg

a0135894_11433621.jpga0135894_1144639.jpg

a0135894_11442197.jpga0135894_11444644.jpg

また深田氏は、映画「のぼうの城」に田楽踊り指導補佐として参加された秘話のおまけ付きの楽しい講演会のひと時に、参加者の顔には体験できた安堵感と自信が感じられた「お江戸日本橋伝承会」でした。

リンク:万作の会
リンク:伊場仙

a0135894_11494854.jpg
a0135894_115071.jpg

[PR]
by kosakai_blog | 2013-02-15 10:09 | お江戸日本橋伝承会
2012年 第18回「お江戸日本橋伝承会」 於:スペインクラブ銀座
◆開催日時
2012年12月 5日(水)  18:00~21:30
◆テーマ
『スペインまるごと食べて、飲んで、学びましょう!!』
◆会 場
スペインクラブ銀座
◆講 師
スペインクラブ銀座総支配人 松伊望氏
a0135894_1732388.jpg◆講演概要
今年は、52名の参加による「お江戸日本橋伝承会」恒例の年末の交流会をスペインクラブ銀座総支配人 松伊望氏企画による『スペインまるごと食べて、飲んで、学びましょう!!』をテーマに皆様と楽しいひと時を過ごしました。
各テーブルの交流会は大いに盛り上がり、2013年の講演内容もほぼ決定し、皆でまた来年の「お江戸日本橋伝承会」の継続の意思を新たにした会となりました。

当日のスケジュールは、
18:00~受付
18:30~食事スタート(着席のタパス料理)
19:00~シェフによる簡単お手軽スペイン料理のデモンストレーション
19:30~TUNAによる明るく楽しい生演奏
20:30~総支配人松伊望さんによるサプライズ大会
21:30~自由解散

※リンク:スペインクラブ銀座http://www.spainclub.jp/ginza/

a0135894_175363.jpg
a0135894_17533623.jpg

a0135894_17433623.jpga0135894_15151084.jpg

a0135894_17454649.jpga0135894_17472872.jpg

a0135894_17474742.jpga0135894_17499100.jpg

a0135894_1749215.jpga0135894_15172053.jpg

a0135894_17512189.jpg
a0135894_15182989.jpg

a0135894_15183979.jpg
a0135894_17514125.jpg

[PR]
by kosakai_blog | 2012-12-10 17:02 | お江戸日本橋伝承会
2012年 第17回「お江戸日本橋伝承会」 於:神田の家
◆開催日時
2012年11月 7日(水)  19:00~21:00
2012年11月10日(水)  17:00~19:00
◆テーマ
『江戸手妻@神田の家』◆会 場
千代田区指定有形文化財「神田の家」
◆講 師
マジッシャン 藤山新太郎氏

a0135894_17225128.jpg◆講演概要
特別企画の「江戸手妻をお座敷で体験しましょう!」では、古き時代から伝わる古典芸能の「江戸手妻」の世界を「神田の家」に会場を変えての講演会を開催しました。
1945年東京生まれの藤山新太郎氏は、江戸手妻の第一人者であり、現在日本奇術協会副会長で芸術祭賞を3度受賞し、国賓、要人の前でも度々手妻を披露しているマジシャンです。
現在では、舞踊の所作や見立て、古典のしきたりを持った正統的な手妻を継承するのは、藤山新太郎一門の4名のみで活躍されています。
a0135894_17292772.jpg江戸手妻(えどてづま)は、江戸の人々を夢中にした日本の伝統奇術で、国の無形文化財にも指定され、演技・演奏・衣裳が一体となってストーリーを語る、日本独自の素晴らしい芸能です。
その昔、裕福な人々は座敷に贔屓の手妻師を招き、プライベートにその芸を堪能したものです。
a0135894_1730555.jpg

a0135894_17303629.jpg
a0135894_17311833.jpg

a0135894_1732349.jpg

a0135894_1733167.jpg江戸の伝統を今に伝える千代田区指定有形文化財「神田の家」の贅をつくした空間で、息遣いが伝わる距離で手妻を愉しむ贅沢を藤山新太郎さんとその一門が伝える、幻想的な江戸の美を間近で体験した素晴らしい講演会でした。
手妻の合間の巧みな話術に参加者は魅了され、秋の夜長を古典芸能で良き仲間たちと過ごしたあっという間の2時間の講演会でした。

a0135894_17391166.jpg 神田の家(かんだのいえ)は、東京都千代田区外神田二丁目十六番地、神田明神の隣にある千代田区指定有形文化財で、江戸築城の時代から神田で材木商を営んできた遠藤家の店舗兼住宅だった建物です。
神田明神の隣に、材木商ならではの銘木・良材を惜しみなく使った貴重な築82年の木造建築ですが、昨年の震災にもびくともせず、狂いもなく頑丈な丁寧な仕上げに驚かされました。

また、神田の家を案内していただき、季節に合わせて替えられる建具なども合わせて、江戸の職人の技、洗練された美意識「粋」が感じられる貴重な建物でした。

a0135894_17411285.jpg


a0135894_17414453.jpg


リンク:藤山新太郎氏(東京イリュージョン)


リンク:神田の家
[PR]
by kosakai_blog | 2012-11-12 17:59 | お江戸日本橋伝承会
2012年 第16回「お江戸日本橋伝承会」 於:本社3F 会議室
◆開催日時
2012年10月3日(水)  18:00~21:30
◆テーマ
『2013年の大河ドラマ「八重の桜」の先取りとヒロイン新島八重の秘話』
◆講 師
歴史家 安藤優一郎氏
◆講演概要
今年二度目の登場である安藤先生には、恒例の2013年NHK大河ドラマの講演をお願い致しました。

a0135894_14275045.jpg

2013年NHK大河ドラマ『八重の桜』のヒロイン新島八重は会津藩士の娘に生まれ、戊辰戦争では自らスペンサー銃を取って鶴ケ城籠城戦に参加しますが、明治維新後は京都に移り住み、同志社大学創立者新島襄の妻となります。
伝承会では、幕末から明治・大正・昭和の時代を生き抜いた「ハンサムウーマン」新島八重の波乱の人生をドラマ放映に先駆けて講演していただきました。

安藤先生の新刊の「新島八重の維新」は、大河ドラマのあらずじなど、ドラマを先取りした読みや すい単行本で、参加者は、「新島八重の維新」を片手に、来年の大河ドラマ先取り 講演を伺いました。

リンク:安藤優一郎氏オフィシャルサイト

a0135894_1424450.jpg


a0135894_14253737.jpg
[PR]
by kosakai_blog | 2012-10-15 14:02 | お江戸日本橋伝承会
2012年 第15回「お江戸日本橋伝承会」 於:本社3F 会議室
◆開催日時
2012年9月5日(水)  18:00~21:30
◆テーマ
『江戸屋の刷毛とブラシ』
◆講 師
創業享保3年(1718年) ㈱江戸屋 十二代目 社長 濵田捷利(ハマダカツトシ)氏
◆講演概要
創業享保3年 294年目の老舗 ㈱江戸屋 十二代目 濵田社長から「江戸屋の刷毛とブラシ」と「べったら市」の内容を二部構成でお話を伺いました。

a0135894_11103432.jpg

a0135894_11111965.jpg第一部「江戸屋の刷毛とブラシ」では・・

㈱江戸屋の歴史を古地図を見せていただきながら、タイムスリップしてみます。
オーダーメイドを中心に販売されている老舗ならではの不思議なブラシの数々を拝見しながら、いったい何に使われているブラシなのかをクイズ形式で見せて頂き、参加者は知恵を絞って考えましたが、思いつかないものばかりでした。
オーダーメイドのブラシは、時としては社長ご本人も何に使われるか不明のブラシもあるそうです。
また、老舗が老舗として生き残るためには、「いかに良い職人を自分の所で確保できるか、さらには如何に目利きの職人を育てあげれるかが品質の良い品を末永く扱うための条件です。」とおっしゃっていらしたのが印象的でした。
動物の毛の目利き、材木の目利き 職人と一体となって初めて老舗を維持しているご苦労話も多く、江戸屋さんも、以前講師としてお見えになった有便堂の石川社長がおっしゃっていた「良い筆の毛」を探すご苦労話と同様のご苦労がある事が分かりました。

第二部「大伝馬町とべったら市の歴史」
日本橋恵比寿講 べったら市保存会 宝田恵比寿神社の諌鼓会(カンコカイ)会長としてのお話を、べったらを試食しながら伺い、べったら市の歴史を参加者の皆さんに伝承していただきました。

リンク:江戸屋

a0135894_115135.jpg


a0135894_114262.jpg

[PR]
by kosakai_blog | 2012-09-10 10:28 | お江戸日本橋伝承会
2012年 第14回「お江戸日本橋伝承会」 於:本社3F 会議室
◆開催日時
2012年7月4日(水)  18:00~21:30
◆テーマ
『源氏物語と薫り』
◆講 師
㈱日本香堂 顧問・財団法人 お香の会 評議員・香文化研究所 代表  保科儒一氏
◆講演概要
a0135894_1541726.jpg
日本の伝統文化には「茶道」「華道」そして「香道」、がありますが、なぜか「香道」は他の文化から遅れをとっている感があります。
香木は6世紀ごろ仏教と共に仏前を清める供香として、奈良時代後半には、宮中や貴族が部屋や衣服などに香を焚きしめる空薫物が流行りました。
薫りが微妙に違う薫物は、薫物合せという遊びになり、貴族のたしなみになりました。
平安時代の薫物合せ、室町時代の香合せ、そして現代に伝わる香道の香気に直接触れ、香文化の素晴らしさを保科氏より講演いただきました。
日本人が創り上げた世界でも稀な香文化をまずは、背景を学び、香道において、香を「嗅ぐ」ではなく「聞く」文化を体験してみました。
なかなか講演を伺う事ができない香文化研究所 代表 保科儒一氏の貴重な講演会となりました。
当日は、スライドで源氏物語と薫りをテーマに説明をいただき、人数的にお香は焚けませんでしたが、貴重な薫物の原料数種の色や香を見比べ、貴重な数百万円の香木を拝見させて頂きました。
香木は、手で触れてしまうと価値が無くなるため、和紙でまかれた香木をおそるおそる拝見させていただきました。
日本文化の香道に触れ、源氏物語と薫りがどのように関わっていたのかを伺い目から鱗のひと時を過ごしました。

《スライド資料項目》
1 源氏物語に登場する薫り <梅が枝>
2 源氏物語に由来する源氏香の図
3 薫物合わせ
4 生活の中での薫物と道具 <真木柱>
5 薫物の原料
6 宇治十帖で描かれる匂宮と薫君
          <総角> <宿木> <夢浮橋>

a0135894_15415293.jpg


a0135894_15422479.jpg


リンク:香文化研究所 
[PR]
by kosakai_blog | 2012-07-11 15:15 | お江戸日本橋伝承会



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.