<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧
食のサロン その48 《江戸前鰻の話④ 鰻料理は国際色豊か?》
イギリスに嫁いでいる同い年のいとこがいて、イギリス人のご亭主との間に娘1人と息子2人の子供がいる。
ある時叔母の家を訪ねるとその息子2人が夏休みを利用して遊びに来ており、訪ねた私を連れだって鰻を食べに行くことになった。
ところが、このイギリス育ちの兄弟は鰻を食べる事が出来ずに鳥丼を食べると言う。
叔母の話によると以前日本で鰻を食べさせたところ、兄の方は食わず嫌いであったが弟は食べて美味しかったようであった。
いたずら好きの兄が鰻の蒲焼をヘビだと言って騒いだので、弟も食べなくなってしまったとの話である。
イギリスでも昔はテムズ川のウナギを細かくしてパイの具材としていた事もあるようだが、今は主流のビーフパイと名物キドニーパイと言う事になるらしい。
私の知るところでは、ドイツあたりではウナギの燻製を食べるし、同じヨーロッパでもオランダ・ベルギーではぶつ切りにして煮込んだウナギ料理は名物料理でもある。
ギリシャではアンギラスと言うウナギの稚魚をたっぷりのオリーブオイルでソテーして食べるが、近頃では高級料理と成ってしまい庶民の口に入らなく成っているようである。
美食の国フランスでは、ウナギ料理の種類も多いがワインで煮込むマトロットと言われる料理が知られている。
日本に来て初めてウナギを食べて好物となった外人さんも多いらしい。
浅草の老舗鰻店「色川」の主人によると、外人客も結構訪れるが面白いのは鰻重を食べる時に上の蒲焼だけを食べてしまい、次に残ったタレのしみたご飯だけを食べるような食べ方をする方が多いとの事である。
日本人のようにご飯に鰻をのせて一緒に口に運ぶような食べ方は思いつかないのかもしれない。
上野池之端の「亀や」と言う鰻店で食事をしていると、隣の席に外人さんが1人で入って来て鰻重とグリーンティを頼んだ。
店には緑茶が無くほうじ茶となる旨を中居さんが説明しようとするが、日本語が理解できない外人客が何度も注文をし直すがらちが明かない。
緑茶くらい出してあげられないのかと横で気をもんでも見たが、店にはあいにく緑茶を置いて無いようで最後まで緑茶は提供されなかった。
その外人にとっては鰻重とグリーンティは日本の味としてこだわりがあったのかもしれない。
神楽坂の「たつみや」と言う老舗鰻店の前で、若い娘さんが2人で何やら携帯電話をかざして写真を写すようなそぶりをしている。
私たちが店に入ると後から入って来て隣のテーブルに座った。
写真を取っていたのではなく、携帯サイトの画面で店の外観写真を見て目的の店かどうかを2人で確かめ合っていたらしい。
日本のお嬢さんと思っていたが、どうやら日本語が分からないようで注文の時も携帯画面で料理を確認しながらの注文であった。
料理を待っている間にハングル語のガイドブックを出して見だしたので韓国の方と察しがついた。
日本へ旅行したら、日本料理の鰻重を是非食べるようにと言われて来たのだろうかと勝手に想像をした。
思いだしたのはしばらく前までは韓国へ旅行すると、ウナギの革で作られた財布がお土産店で良く売られていた事である。
残念ながら韓国を訪れてウナギ料理を食べた記憶は無いのだが、ウナギの革を使った製品が沢山あると言う事は鰻を食べる習慣もあるのではと思われる。
しかし韓国の方が日本を訪れてわざわざ鰻重を食べると言う事は、蒲焼のような料理は無いのだろうか。
謎を解明すべく今度韓国を訪ねた時は是非ウナギ料理を探してみたい物である。

                                                         文責:青木知廣
[PR]
by kosakai_blog | 2014-03-31 16:55 | 食のサロン
食のこぼれ話 その54 《神饌のマダイは何処へ》  その55 《愛媛県の郷土料理「たいめし」の味》 2014.4
その54 《神饌のマダイは何処へ》

神社で、神饌として供える魚の中で、最も高い位置にあるのはマダイである。
「タイ」は「めでたい」につながるばかりでなく、美しい姿、「おめでたい」につながる赤色をしているからである。もちろん、マグロのトロのように脂っこくなく、上品な味をもっているからである。
神饌として供えたものは、儀式が終わると神職で分ける。
高級品は神社でもっとも高い位の宮司に分ける。
次に高価なものは権禰宜(ごんねぎ)、禰宜(ねぎ)に分けられる。
マダイは最高に高級な神饌なので、かならず宮司に分けられる。
しかし、宮司も毎日マダイを食べ続ければ飽きがくるので、形式的にはいったん宮司に分け、宮司から他の神職に分けるようである。
実は宮司の家族が毎日マダイを食べるのはつらいところがある。

その55 《愛媛県の郷土料理「たいめし」の味》

媛県の松山にでかけるある日のことである。
旅行の雑誌で、松山の旨いものを探していたら、同僚が「たいめし」を教えてくれた。
JRの松山駅近くの「たいめし」を提供してくれる店に入り、「たいめし」を注文した。
マダイの刺身、温かいご飯、さらに生卵がでた。
もともとは、漁師の沖料理で、熱いご飯の上にマダイの刺身をのせ、その上に生卵をかけて食べる。
ご飯の上にマダイの刺身をのせ、熱々のお茶漬けをかけて食べるなら、マグロやカツオの刺身をご飯にのせて、お茶漬けをかけて食べるのと同じ食べ方だから抵抗はないが、生卵をかけると生卵の粘りで食べにくくなる。
最近は、生卵をかける「卵かけご飯」の食べ方が減ってきたためか、積極的に食べなくなった。

                                                        文責:成瀬宇平
[PR]
by kosakai_blog | 2014-03-14 17:43 | 食のこぼれ話
2014 第29回「お江戸日本橋伝承会(小勝敏克氏)」 於:本社3F 会議室
◆テーマ
『花火の話 昔、今、将来』

◆講 師
㈱丸玉屋代表取締役社長・花火プロデューサー・花火演出家  小勝敏克氏

a0135894_16205640.jpg


◆概 要
小勝氏は、大学卒業後サラリーマンを経て、1978年に株式会社丸玉屋小勝煙火店に入社し、営業部員として海外マーケットを拡大、欧米諸国の同業者やテーマパーク(six flags, Disneyland等)へ1980年代中頃までは売り上げの60%以上日本の花火を輸出してました。
しかし、1985年のプラザ合意で為替が自由化され、一気に円高が進み、競争力が落ち、さらに、中国への花火技術の輸出、及び米国内でより厳しいPL法が施行されることにより、日本の花火輸出は一気に減少し、現在では、日本の花火輸出はほとんどありません。
国内では、1983年の東京デイズニーランド開園から花火ショーの制作や運営業務の一部を担ってます。
その当時の日本の花火業界は、夏の納涼花火大会が殆どで、夏以外の花火大会はほとんどなく、従来の伝統花火からエンターテイメント花火への転換点を迎え、以来、圧倒的な集客力を誇る花火をエンターテイメントとしてビジネスにしようと、1990年にお父様と㈱丸玉屋として独立されました。
自らの仕事に対する情熱を、花火のプロデューサー及び演出家として「花火の昔、今、将来」についてお話をいただく貴重な講演会です。
今でこそ当たり前の点火用システムとして、業界に先駆けてアメリカ製コンピューターを導入されたり、それに携わった数々のご苦労話を伺えると思います。
今や花火大会の主流となった「花火と音楽」「花火と照明」等とのシンクロ演出のパイオニアである小勝氏は、国内では、「東京湾大華火祭」「神奈川新聞花火大会、グランドフィナーレ」他全国各地の花火大会をまた、東京デイズニーシー、横浜八景島シーパラダイス、USJをはじめとする全国のテーマパーク。コンサート、スポーツイベント等の花火や海外では、ニューヨーク、ロンドン、パリ、モントリオール、ソウル、ハノイ、香港等での花火ショーを実施されています。
新たな取り組みとして、2010年には観客参加型花火大会として「グッドデザイン賞」を受賞。
2013年には丸玉屋と関連会社「カムロワークス」で共同で提案した「クールジャパンの芽を磨き上げる59プロジェクト」に選定されました。
小勝氏の理念や2020年の東京オリンピックにかける意気込み等を迫力のある画面を通し語って頂き、参加者は皆、未知なる花火の世界に虜になった90分の講演会となりました。
東京地方は、大雨防風警報の中、屋内では素晴らしい尺玉を無事上げることができました。

皆様の中で、お馴染みの1996年 初代「花火職人になろう」コンピューターゲーム(windows 95版)の監修をされたのも小勝氏です。

2020年東京オリンピックに向け、日本の花火は着実に進化し続ける事でしょう!

リンク:株式会社 丸玉屋

a0135894_16361395.jpg
a0135894_16364436.jpg

a0135894_16374228.jpg
a0135894_16391513.jpg

[PR]
by kosakai_blog | 2014-03-14 16:39 | お江戸日本橋伝承会



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.