<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2014年 特別企画 大人の遠足「蔵造りの街・川越と本丸御殿を訪ねる」
今年の大人の遠足は、「蔵造りの街・川越と本丸御殿を訪ねる」として、歴史家の安藤優一郎先生引率のもと小江戸川越の散策を楽しみました。
川越の出身である安藤先生に、なかなか観光では行かない、ちょっと知らない川越の街を引率して頂き、地図を片手に清々しいお天気の中、連休明けの一日を一緒に小江戸散策をし、昼食は川越名物の「深井屋の鰻」を堪能してきました。

日  時:2014年5月10日(土)10時 ー現地集合、現地解散ー

引率者: 安藤優一郎氏

1.講座の趣旨

川越というと小江戸のイメージが強く、蔵造りの街並みや時の鐘が思い浮かびますが、江戸の頃、川越の中心は太田道灌が築城した川越城でした。
近年、その本丸御殿が修復され、見学できるようになりました。まず、蔵造りの街並みや蔵造り資料館を見学しながら粋な江戸情緒に浸りましょう。
その後、川越城に向かい御殿を見学しました。
御殿内部をご案内しながら、お殿様と家臣たちの生活ぶりを解説していただきました。

2.見学コース(参加されなかった方は、是非このコースを回ってみてください。)

a0135894_1832591.jpg


(1)連馨寺(10時10分頃)
キーワード:政繁が母の連馨寺のために創建した寺院

川越城は中世の頃から、関東の要衝として武将たちの熾烈な争奪戦が繰り広げられた城です。
特に後北条氏が関東の覇権を握ることになった川(河)越城の夜戦は有名です。
天文15年(1546)のことです。
その後、川越城は豊臣秀吉の小田原攻めの時まで、北条氏の関東支配の要であり続けますが、川越夜戦の後、城将となったのは大道寺政繁という武将です。
その政繁が母の連馨寺のために創建した寺院が連馨寺です。

(2)蔵造りの町並み(10時30分頃)
キーワード:大正浪漫夢通り・明治26年の大火・山崎家住宅・服部家・大沢家住宅

a0135894_17574548.jpg


大正浪漫夢通りを通って、蔵造りの町並みに進みます。
この辺りは蔵造りの街が立ち並びます。
蔵造りと言っても、実際は明治26年の大火を契機に蔵造りが進みます。
江戸の街でも火災に強い建物として土蔵造りが奨励されましたが、費用が掛かるため、江戸の頃はなかなか普及しませんでした。
そうした事情は川越も同じでした。

(3)時の鐘(10時40分頃)
キーワード:自動鐘つき機

a0135894_180139.jpg


時の鐘は江戸初期に建設されたものですが、現在は4代目です。明治26年(1893)の大火後、再建されたものです。
高さは16メートル。午前6時・正午・午後3時・午後6時の4回、鐘が鳴らされます。

(4)蔵造り資料館(10時50分)
キーワード:屋号万分(マンブン)・格子窓・煙草商ゆかりの資料・龍吐水・水鉄砲・川越大火焼失範囲図

時の鐘近くには蔵造りの街が立ち並んでいますが、川越が蔵造りの街となったのは意外にも明治に入ってからでした。
明治26年に川越を襲った大火で木造建築は次々と焼失しましたが、蔵造りの建物は焼け残りました。
これを教訓に、木造から蔵造りに切り替える商家が続出します。
こうして川越は蔵造りの街に変身します。
今回はそんな蔵造りの建物の一つを実際に見学します。
この蔵造り資料館は煙草商を営んでいた小山文造が造った蔵を展示している資料館です。

※昼食(11時30分入店予定~12時30分頃まで)
「深井屋」で鰻のコース料理を頂きます。

a0135894_1812376.jpg


(5)中の門堀跡(12時50分)
キーワード:大手門・太田道灌の像・郭町(クルワマチ)

蔵造りの街並みから川越市役所に向かいます。
敷地内には川越城を造った太田道灌の像がありますが、この辺りは、郭町という名前のとおり既に城内でした。
少し歩いていくと、中の門堀跡があらわれます。
最近復元されたものです。

(6)富士見櫓(13時10分)
キーワード:浅間神社・御嶽神社

そのまま道を進んで突き当りの道を南に向かうと、川越高校が左手に見えてきますが、間もなく富士見櫓跡が見えてきます。
川越城には四つの櫓がありましたが、天守閣がなかったため、その一つである富士見櫓が天守閣の代りをつとめていました。

a0135894_1821656.jpg

 
(7)三芳野神社(13時30分)
キーワード:「通りゃんせ」

富士見櫓を左手にみながら、初雁公園に向かって歩きます。
三芳野神社に向かいます。
この辺りは川越城内ですから、一般の町人などは普段三芳野神社には参詣できませんでした。
通りゃんせという童謡の発祥地といわれますが、御用がない者は通さないという歌詞は、そうしたことを指したものでした。
川越城の鎮守として、寛永元年(1624)に時の川越藩主酒井忠勝により再建されたと伝えられます。

(8)本丸御殿(13時40分)
キーワード:玄関・大広間・家老詰所・ドラマ「仁」の撮影場所

本丸御殿に入ります。
川越藩主とその家族が住んでいた御殿であると同時に、川越藩政を取り仕切る役所でもありました。
嘉永元年(1848)に再建されたものが現存しています。
ただし、かつての御殿のうち現存しているのは玄関と家老詰所と大広間のみです。
大広間では、殿様と家臣の拝謁の儀式が執り行われました。

(9)菓子屋横丁(14時50分頃)
キーワード:札の辻・1mの麩菓子

最後に札の辻に向かいましょう。
その近くには菓子屋横丁があります。
この横丁は元々、養寿院という寺院の門前町の一画で菓子屋を始めた鈴木藤左衛門が菓子を製造したことが始まりです。
その後、関東大震災により被害を受けた東京の代りに、この地で菓子の製造が盛んとなって、菓子屋横丁が誕生したと伝えられています。

a0135894_184246.jpg


※解散(15時30分頃)
バス停のある札の辻に戻り自由解散します。帰りは東武バスで川越駅まで戻るのが便利です。




講師紹介 :安藤優一郎
歴史家。文学博士(早稲田大学)。JR東日本大人の休日・ジパング倶楽部趣味の会、NHK文化センター、東京理科大学などで講師を勤める。

安藤優一郎公式サイト

主要著作
『幕末維新 消された歴史』日経文芸文庫、2014年5月
『西郷隆盛伝説の虚実』日本経済新聞出版社、2014年5月
『不屈の人 黒田官兵衛』メディアファクトリー新書、2013年6月
『世田谷代官が見た幕末の江戸~日記が語るもう一つの維新』角川SSC新書、2013年5月
『山本覚馬~知られざる幕末維新の先覚者』PHP文庫、2013年1月
『徳川慶喜と渋沢栄一』日本経済新聞出版社、2012年5月

                                        文責:小堺化学工業㈱ 広報 小堺ひとみ
[PR]
by kosakai_blog | 2014-05-30 17:18 | お江戸日本橋伝承会
食のこぼれ話 その58 《小アユの天ぷら》  その59 《バーテンダーの簡単な酒の肴》 2014.6
その58 《小アユの天ぷら》

アユは内臓ごと食べ、内臓に含まれる苦味がたまらないという人もいる。
アユの苦味は、餌としている川底の石に生えている珪藻の苦味といわれている。
大きなアユは塩焼きで食べる。
琵琶湖の小アユは遺伝的には違う種類らしいが、アユの旬の頃この小アユの天ぷらを食べさせてくれる店は気の利いた店である。
塩焼きの内臓の苦味は苦手でも、小アユの天ぷらなら丸ごと食べられるので内臓のホロ苦味も絶妙な味として味わえるはず。
一度試してみては。
ところで、天ぷら専門店では天つゆでなく、いろいろな塩で天ぷらを食べることをすすめる店が多くなった。
天つゆの存在が消えそうであるが、天つゆに大根おろしを入れて、箸休めにするとよいという店もある。

その59 《バーテンダーの簡単な酒の肴》

NHKラジオの朝8時からの「すっぴん」の中の「フードコート」の時間帯ではこだわり料理人が興味ある簡単料理を提案してくれる。
4月からは銀座のバーのバーテンダーが簡単な酒のつまみを紹介してくれている。
酒好きでつまみ好きの人には貴重な時間帯である。
日本酒に小豆あんの和菓子、ブランデーにチョコレートはすでに組み合わせ定番となっているが、バーテンダーのつまみのレシピは経験から得た知識に理を付けているのが面白い。
電車の中で聞いた記憶には、次のような酒とつまみの組み合わせを紹介していた。

※ウイスキーと「バナナとワサビ漬け」

※黒ビールとイタリアのスイーツの「テラミス」(マスカルポーネチズと黒ビールの苦味が合うらしい)

※ビールや日本酒と「刺身にワサビ漬け」「バナナとキムチ」

※シャンパンと「焼きいも」

※その他、バナナと発酵食品とを組み合わせると、アルコール飲料に合うと語っていた。
この際、バナナは果物でなく、野菜の一種ととらえ、緑色の皮の状態のバナナを購入し、数日室温に放置したものを使うのがよいとのことである。


                                          文責:小堺化学工業㈱顧問 成瀬宇平
[PR]
by kosakai_blog | 2014-05-27 18:27 | 食のこぼれ話
食のサロン その50 《江戸前鰻の話⑥ ところ変われば鰻も変わる?》
ところ変われば鰻も変わる。
ご存知のように鰻を割くのも関東は背開き、関西は腹開きと言うように、関西と関東では違いがある。
武士の町江戸では、腹から割くのは切腹につながると縁起を担ぐ。
関西大阪等は町人の町なので、腹の中に隠し事が無いよう腹から割くと言われている。
江戸関東風の鰻は、素焼きした後に蒸して軟らかくしてから、たれをつけて焼きあげる。
その為背から割いた方が串をしっかり刺せて、その後の工程が取りやすい事もあるようだ。
関西では蒸さずに仕上げるので、串を打たずに焼き上げる事も多いようである。
鰻の食べ方も全国には色々な食べ方がある。
名古屋名物となっている櫃まぶしは地焼きの蒲焼を包丁でたたいて櫃によそったご飯の上に乗せ、細く切ったネギや海苔、ワサビ等の薬味をそえて、暖かいだしと共に提供される。
お店の方に食べ方を尋ねると、しゃもじで鰻の乗ったお櫃を四等分し茶碗によそう。
一杯目は鰻とご飯をそのまま食べ、二杯目は薬味を乗せて、三杯目はだしをかけてお茶漬け風に、最後の四杯目は今までの中の好きな食べ方で召し上げって頂ければとの説明がある。
「蓬莱軒」・「いば昇」・「しら河」等が有名処となるが、名古屋名物櫃まぶしとして「備長」・「うな匠」等の店が東京にも出店している。
「蓬莱軒」が櫃まぶしの商標登録を持っているとの事であるが、名古屋の名物として全国に知られている。
京都に行けば、店名を太閤秀吉がわらじを脱いだ事に由来するとされる「う雑炊」で有名な「わらじや」がある。
ぶつ切りにして中骨を除いた鰻をネギや麩と共に土鍋で煮込んで食す「う鍋」と、開いて白焼きにした鰻を野菜と溶き卵で雑炊にして味わう「う雑炊」を看板にしている。
京都の鰻専門店「かねよ」は、鰻丼の上に大きな京風だし巻卵を乗せて提供される「きんし丼」を目当ての客で賑わっている。
九州福岡や佐賀県では鰻重や鰻丼では無く「せいろ蒸し」と言って、せいろにタレを絡めたご飯を盛ってその上に蒲焼と錦糸卵を乗せて蒸したてを食べる。
水郷柳川には「若松屋」・「柳川屋」等この「せいろ蒸し」の有名店がある。
ドジョウを使った「柳川鍋」は、この柳川の地名から名づけられている事で知られている。
「御花」は柳川藩立花家の屋敷を旅館として営んでいて、名勝として登録されている庭や大名家の宝物館も持つ事で知られている。
ここでの食事は、地元有明海の珍味を食し最後に鰻の「せいろ蒸し」で締める事になり、私のような鰻好きには嬉しい限りである。
以前は東京でも赤坂の「ふきぬき」と言う鰻店が、この「せいろ蒸し」を出す事で知られていた。
九州の鹿児島は養殖ウナギで日本一の生産量を誇っている鰻どころであり、当然鰻店も多くある。
繁華街天文館はその昔天文観測をする天文館があった事が現在の地名となっているが、この天文館跡地に建つ「末よし」と言う鰻店がある。
この店で食事をして、関東と比べて取り合わせの違いで所変わればと感じた事がある。
鰻重には肝吸いのようなお吸い物と思っていたが、この辺では味噌汁が当たり前らしいのである。
川魚料理としての「鯉こく」と「蒲焼」の取り合わせは関東でもよくあるが、「鰻重」・「鰻丼」に当たり前のように普通に味噌汁が付いてくる事が不思議に思えるのは、固定観念からだったのだろうか。

                                                  文責:営業部長 青木知廣
[PR]
by kosakai_blog | 2014-05-27 17:43 | 食のサロン



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.