<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧
社長の呟き その4 《はし休めー日本橋倶楽部会報より一部抜粋ー》       2013.1~2013.12
弊社社長 小堺裕一郎が、一般財団法人 日本橋倶楽部会報の編集後記(はし休め)にて、世情につき呟いているので今後掲載していきます。

『編集後記 2013.1』
昨年は(実は本年ですが)各界で活躍された多くの方々がお亡くなりになりました。
この新年号の校正日の朝にも日系ハワイ二世のD.イノウエ米国上院議員の訃報を知りました。
英語の話せない祖父の「一家を建てなおして欲しい」との願いが込められたミドルネームは「建(ケン)」。
やがてケン青年はかつて一番の敵から一番の友人なるまで日米関係の「建」て直しに奔走することになります。
臨終の言葉は出会いと別れの両方を意味する「アロハ」。
何て素適な言葉でしょう。
さて、「慌」ただしかった一年を「忘」れ、新たな「忙」しい一年を迎えるまでの瞬く間の正月休みでしたが、良い新年をお迎えのことと思います。(この3文字ともに心を亡くすと書くようです)
新会館完成まであと一年、倶楽部が会員の「心憩う」場となるようにと祈っております。

『編集後記 2013.2』
昔は東京にも30センチを超える大雪が良く降り、庭に兄と滑り台を作った事を思い出します。
ちなみに東京の過去最高積雪は1883年の46センチ、記憶に残る1936年の2.26事件の雪は2月23日の36センチ、戦後だけでも30センチを超える積雪は3日もあったそうです。
のんびりとした時代では、交通への影響など話題にもならなかったのでしょうが、大人になると雪化粧を楽しむ余裕がなくなってしまいました。
翌朝の真新しい雪に小さな靴跡をいくつも見つけると淡くなってしまった童心に気づかされます。
さて、新館完成まであと一年、会報には関連した内容が今後も増えてくることでしょう。
雪でかまくらを作る子供のようにわくわくしながらこの一年を心待ちにしたいと思います。

『編集後記 2013.3』
「守 破 離」とは武道、茶道、芸能など“道”とつくあらゆる世界で師の教えを守り、その後それを破る冒険をし、最後は独自の道へと師から離れて行く修行の段階を意味している。
悪しき慣習を守り、ルールを破り、人心から離れた道へ迷い混んだ五輪女子柔道指導陣の体罰問題は岡監事の巻頭挨拶にもあるように東京五輪招致に少なからず影響を与えそうである。
ところで五大陸を意味するシンボルマークからオリンピックを五輪と訳すのは日本独自のもの。
無論宮本武蔵の「五輪書」から拝借したものだが、剣の道を"離"まで究めた武蔵がこれを知ったら、さぞかし面喰らうことだろう。
守破離を歩む靴を履き違えた柔道関係者の道は険しい。

『はし休め 2013.4』
当倶楽部の会員である神田の老舗蕎麦屋の御主人H氏は二月に大変な火災に遭われた。
永いご無沙汰にもかかわらず参上したところ、年内での再建を誓う熱い意欲と「億劫別れて須臾も離れず」に反ってこちらが元気を頂いた。
三月は受験、卒業、花見などと慌ただしい月でもあるが、東京大空襲、東日本大震災など多くの大切な人々との離別を強いられた悲しい月でもある。
永い年月別れたままになろうとも心は一瞬たりとも離れてはいないと誓った人も多いことだろう。
さて「三寒四温」ならぬ「凍」「暑」の繰り返しであった三月をくぐり抜け、この会報がお手元に届く頃には銀座歌舞伎座が新開場している。
四月は桜の開花とともに温かい話題でさっそく出迎えてくれる。

※今後、編集後記を“橋 箸 嘴”の三文字をかけて「はし休め」とします


『はし休め 2013.5』
ビジネス街には世間の風に少し馴染み始めたかのような新入社員で溢れ、ベテランと新人が昼食や酒席で談笑している光景を見かけることも多い。
東横線・渋谷駅や小田急線・下北沢駅の地下化など電鉄の話題が多い中、夕刻の新駅では多くの老若男女がこぞって案内表示を覗き込む姿に遭遇する。
新しい出会いが芽生え、古いものが潔く散っていく時でもある。
マスターズゴルフでは初めて豪国人が優勝したが、終盤の熟若の攻防は見ごたえがあった。
名優ダスティン・ホフマンは何と75歳、今回は新鋭監督として映画公開を前に端然と来日した。
新旧物心の融合が日本橋倶楽部にはしっかりと在る。
それを垣間見られるのは寄るあてもない、ときめく出会いもない者の楽しみでもある。

『はし休め 2013.6』
1878年(明治11年)に日本橋區と京橋區が誕生したが、1947年(昭和22年)、両区は合併され中央区となった。
現在"日本橋"の冠称が付く19町名に旧日本橋區域内の地名を偲ぶことができるが、「石町」「駿河町」「薬研堀町」「芳町」「十軒店町」「安針町」など謂れある多くの町名が消えてしまったのは残念なことである。
しかし家康の外交顧問として活躍したオランダ人ヤン・ヨーステン(日本名「ヤヨス」)の拝領地跡「八重洲」は中央区となってからできた新町名だが、さすが唯一"日本橋"が頭に付かない。
その八重洲にお店を構える今月号巻頭挨拶の松岡理事はちゃきちゃきの江戸っ子、"日本橋"の冠称を戴くにはお似合いの粋な旦那衆の一人である。

『はし休め 2013.7』
発酵学者の小泉武夫氏によると、江戸時代の飲酒量は毎日三合。
現代人の3倍酒に強かった江戸っ子の喉を潤したのはほとんどが関西からの下り酒。
西高東低だが日本最古の蔵元は茨城県にある。
これからの季節、冷酒が美味い。
江戸川柳「酔い覚めの 水の旨さや 下戸知らず」に習い、「宵い(酔い)銭に 水をさしたる 江戸知らず」、締めに「酔い覚めて 倶楽部愉しく 江戸を知る」と今宵も参合としよう。

『はし休め 2013.8』
参議院選挙が終わり、今さらのような勝敗因の検証が行われるマスコミには食傷ぎみの方も多いと思うが、ここに爽やかなニュースを紹介する。
「僕らの一歩が日本を変える。」代表の青木大和君は19歳、もちろん選挙権はないが、今春高校生100人と国会議員の討論会を開き、今回の参院選では5000人の全国各地の10代の声を集めた。
活動の中心はFacebookなどのSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)だが、投票率が戦後3番目に低かった中、現在慶応大生の彼とその仲間達が将来どんな有権者になるか期待を込めて見守りたい。

『はし休め 2013.9』
今夏はまさに酷暑である。
四万十市では41℃と国内の過去最高気温を更新した。
東京の8月の最高気温は38.3℃、昨年の35.7℃に比してわずか2.6℃差であるが、体感は全く違う。
人の平均体温は36℃、38℃を越えると熱中症になるが、今夏は外気温が越えてしまった。
意外と室内で起きやすく、室温30℃湿度60%からが危険ライン。
台所、トイレ、とくに浴室は湿度が高く危ない。
熱中症は英語で「Heat Disorder」つまり熱のコントロール不能。
「Heart」のコントロール不能に陥る「恋の熱中症」は気温と関係ないのでアール。
ともに充分な対策を!

『はし休め 2013.10』
原発汚染水問題、柔道界の不祥事などにより苦戦とのおおよその予想を覆して、東京が2020オリンピック・パラリンピック招致合戦に圧勝した。
本年1月に招致委員会は「たら・れば」のマラソンコースを発表している。
銀座から日本橋を渡り、神田、秋葉原を駆け抜け、浅草を折返し点として往復する。
日本橋は「はし休め」などとのんびりしていられなくなった。
親日国のトルコ、日本人から人気のある国スペインには申し訳なかったが、敗者への思いやり・気遣いも五輪の精神。
江戸っ子は粋な「おもてなし」で金メダルを目指すこととしよう。

『はし休め 2013.11』
「乾杯は日本酒で」の条例が今年1月京都市で施行されて以来、24の自治体が「最初の1杯は日本酒」などの乾杯条例を制定したそうだ。
九州ではもちろん焼酎を後押しする条例が成立している。
地酒の消費拡大を目論んでの対策だが、麦酒に始まって日本酒、焼酎、ワイン、仕上げの洋酒と秋風に乗って渡り歩く浮気鳥にとって、塀の中に落ちる罰則はないと知りつつも、各酒の秋波は悩ましい。
どうせ最期の島では「どの酒で、何のために」乾杯したことなど忘却の彼方に飛び去っているのだが・・・。
来春の新倶楽部会館披露宴での祝酒を想い、今宵もボトムアップするとしよう!

『はし休め 2013.12』
 いよいよ12月「師走」である。
本当に師が走るほど忙しかったのだろうか?
昔は年の暮れにも祖先の霊を弔う経をあげたため、僧が慌ただしく馳せる月「師馳す(しはす)」から転じて「師走(しわす)」という説が有力のようだ。
時は替わり、今は宅急便のお兄さん達が巷を馳せ、走りまくり、クリスマスパーティーでは「主おわす」、忘年会では「酒和す」、おまけにお受験で「子走す」と12月は子供まで忙しい。
心を亡くすと書いて「忙」「忘」、心が荒れると「慌」。
来年の日本橋倶楽部・新会館の竣工を祝って、晦日は「志和す」と心穏やかに結びたい。
どうか良い年をお迎え下さい。

                       文責:小堺化学工業㈱ 日本橋倶楽部広報委員長 小堺 裕一郎
[PR]
by kosakai_blog | 2014-07-31 11:52 | 社長の呟き
食のサロン その52 《江戸前鰻の話⑧ 故郷は鰻に聞いてみる?》
近年鰻好きとしては肩身の狭いニュースが多い。
シラスウナギの捕獲量が激減している事にある。
ウナギを絶滅危惧種として国際取引を規制する動きもある。
個体数の減少傾向が絶滅の恐れのあるレベルに達しているとの話もあり、宮崎県では親ウナギの禁漁期間を設け、産卵期の親ウナギを保護している。
ウナギは完全養殖が出来ない為養殖にあたって稚魚を捕獲して育てる方法がとられている。
ウナギを産卵させて卵から孵化させ養殖する事は非常に困難とされている。
海で育ち川を遡上して産卵する鮭とは逆で、川や湖沼で育ち海にて産卵するウナギの習性が養殖を難しくしているようだ。
したがって長年、毎日何十何百と鰻を割いている職人でさえ鰻の卵を見た人はいない。
目利きの職人も鰻の良し悪しは分かっても、雄雌の判断などできないのである。
学術的にもウナギは何処で産卵されどのように育ち日本の川を上って湖沼に生育するのかが長年の謎であり、確認解明されたのはつい数年前の事である。
東京大学の構内においてうなぎ展があると聞いて、赤門をくぐって見学に行ったことがある。
ウナギ博士として知られる、東京大学海洋研究所の塚本勝巳教授の集大成とも言える博覧会であった。
塚本教授とその調査団は、今まで謎とされていた日本鰻の産卵場所を、西マリアナ海嶺南端部と特定する事に成功した。
その方法は太平洋を鰻の稚魚を追い求め、孵化したての幼生(プレレプトケファレス)までさかのぼり、産卵したての受精卵までたどり着く気の遠くなるような作業であった。
海で生まれたウナギはシラスウナギと呼ばれる稚魚に成って川を上り、成長した後川を下って海で産卵する事はよく知られている。
しかし産卵やシラスウナギに成長する海での生態は、長い間謎とされていた。
産卵後孵化したウナギの幼生はレプトケファルスと呼ばれ、これが海で成長し変態してシラスウナギになる。
レプトケファルスは、水中に漂う姿が風にたなびくヤナギ葉のようなので「ヤナギ葉幼生」とも言われる。
さらにその後これも大きな謎であった孵化したての稚魚の餌も突き止める事に成功し、日本人の長年の夢である鰻の完全養殖に向けた明るい話題も提供している。
近い将来卵から育てる鰻の完全養殖が実現される事を心待ちにしている鰻好きは多い。
都内に鰻屋を営む店が数件しかなくなり、「鰻重はここ数年食べて無い」江戸っ子がそんな悪夢のような話をする日が来ない事を祈るばかりである。
愛知県のウナギ養殖会社が2013年に、フイリッピン産シラスを池入しアンギラ・ビカーラ種の養殖販売に目途を付けた。
現在中国ではヨーロッパ産のアンギラ種、アメリカ産のロストダラー種、東南アジア産のビカーラ種とマルモダラー種が出荷されている。
日本産ジャポニカ種以外の鰻も既に私たちの口に入っているのかも知れない。
シラスウナギの捕獲量が減って来たのは、資源の枯渇に加え海域の海水温変化も起因しているのではないか。
産卵場所が海水温の変化や気象条件等により移動していれば、黒潮に乗って移動する鰻の稚魚が日本にたどりつかなくなるのではないか。
かつて北海道で沢山漁獲されたニシンのように・・・。
あれこれ考えながら食べる鰻重はいつもより箸の運びが遅くなる。

                                      文責:小堺化学工業㈱ 営業部長 青木知廣
[PR]
by kosakai_blog | 2014-07-18 14:08 | 食のサロン
食のこぼれ話 その61 《凍結含浸法と介護用食品の開発》   2014.8
凍結含浸法とは、硬い食品をいったん緩慢凍結により凍結する。
緩慢凍結だから、食品中の水分は大きな氷結晶となる。
その氷により食品の細胞に傷がつくので、解凍のときにドリップは外へ出てしまう。
また、食品内の細胞間の隙間が大きくなり、咀嚼したときに崩れるように感じる。
細胞膜の成分は、植物性食品の場合は繊維であるから、繊維を分解するセルラーゼの溶液に浸すと、繊維は軟らかくなる。
動物の肉組織の場合、細胞膜の間にコラーゲンというたんぱく質が存在し、細胞同士を結合させている。
このコラーゲンを分解するコラゲナーゼに浸して食品内の硬い成分(コラーゲン)を小さな分子に分解させると、たくさんのコラーゲンからなる硬い食品が軟らかくなる。
これを調味液の中に浸して味付けするという方法がある。
軟らかい食品を食べることができる。
しかし、軟らかいものばかり食べているとアゴを使わないので、アゴが発達せず、さらには脳への刺激も弱くなる。
認知症の予防には、アゴも使う硬い食べ物も必要であることも明らかになっている。

                                        文責:小堺化学工業㈱ 顧問 成瀬宇平
[PR]
by kosakai_blog | 2014-07-18 10:26 | 食のこぼれ話
第23回 MNC勉強会 (於:小堺化学工業㈱ 本社 3F)
◆開催日時
2014年7月12日(土) 10:00~14:00  勉強会
◆開催場所
小堺化学工業株式会社 本社 3F 会議室
◆話題
1)家庭および企業における食品衛生・個人の衛生の重要性
講師竹安智子氏(上野製薬株式会社 食品技術部)
概要
①食中毒の発生状況に関して季節、食品、環境など多方面から説明。
②食中毒や個人の衛生について、細菌検査結果などを例示して説明。食品の変敗の判別についても説明。
③食中毒の予防法について、手指の洗浄、洗剤の使用、アルコールの使用などから説明。
④食品添加物としての保存料の内容、保存効果のメカニズム。安全性について説明。

これからは食品だけでなく、施設や設備にも「安全・安心」という付加価値が求められるので、参加した会員には興味ある話題でありました。

2)これからの日本の企業の在り方と食品関連会社の特許と企業戦略の関係
講師五十嵐章雄氏(小堺化学工業㈱ 管理部長)
概要
①日本における企業の在り方や戦略。
企業内での自己研鑽について、これまでに勤めていた大企業の経験をもとに、グローバルな観点から個人的な考えも加えながらも説明。
②日本の大手食品メーカーの特許保有数から日本の食品会社の企業戦略について考察。
特許の内容については、各会社の販売または製造内容に関連した特許は外部にもれないようにしっかり守っている企業が多い。

MNCの会員は、主に食品関連の仕事に従事している会員が多く、講演も食に関する内容が多かったが、この度の講演では、食品と関係のない仕事に従事し、世界的視野から企業戦略に関わってきた五十嵐氏の講演は、会員に対しててグローバルな視野をもたせる刺激となり、新鮮な内容であった。
2014年2回目のMNC勉強会・交流会も有意義な話題と意見交換の会となりました。

                                          文責:小堺化学工業㈱顧問 成瀬宇平
[PR]
by kosakai_blog | 2014-07-16 15:00 | MNC(みんなのネットワーク)
第32回「お江戸日本橋伝承会」(染道楽 にしきや) 2014.7 
◆開催日時
2014年7月2日(水) 18:30~20:30

◆開催会場
小堺化学工業株式会社 本社 3F 会議室

◆テーマ
ー亡き小林次郎を偲んでー
『悉皆屋が学校の先生になるまで』

※藍の生葉叩き染め体験

a0135894_11463814.jpg


◆講 師
染道楽 にしきや 小林しのぶ氏

a0135894_11352534.jpg

◆概 要
昨年10月に脳出血でこの世を去った故小林次郎氏の長女である小林しのぶ氏を講師に迎え、悉皆屋という功績は、どうしても伝承する価値があると思えたので、まだ悲しみが冷めやらぬ年明けにお店へ伺い、お線香をあげさせていただき、悉皆屋を伝承すべきという旨をお伝えし、「眞実を語れるのは身近なご家族」と故小林氏はこの世にいらっしゃらないが是非講演をしていただき、皆様に伝承して頂ければと今回の伝承会が実現しました。
故小林氏が、工房で育てている藍の生葉が7月が最盛期なのでこの時期に選ばれた「藍の叩き染め」も、彼の意思と思え、参加者でハンマー片手に染めを体験することができました。

故小林次郎は、「悉皆(シッカイ)」を一生の仕事とした数少ない一人でした。
生前の小林氏は「着物の世界にはその道一筋の職方さんが多くいるが、一人ひとりが最高の技術を発揮したからといって最高の着物はできない。生地選び、模様の付け方、色との相性など、着物作りをトータルに見る人がいないと良い物は生まれない。」と語り、お客様の心を一番に考え、着物や帯を創ってきた悉皆屋の話を伺いながら・・
また、この他に染物職人、小中学校で藍染・道徳の先生といった顔も持っていらした素顔を、小林しのぶ氏に伺いました。

《悉皆屋(しっかいや)とは?》

江戸時代、大坂で染め物・洗い張りなどの注文を取り、京都の専門店に取り次ぐことを業とした者。転じて、染め物や洗い張りを職業とする人。
『しみ抜き、カビ取り、染め、染め直し、洗い張り、染め抜き、小紋染め、紋入れ,色ハケ、仕立、湯のし、湯通し』を職とする。


《藍の生葉叩き染め体験》

藍の生葉をハンカチに挟み、デザインを考えながら、ハンマーで葉脈を残し、色素を転写する「藍の生葉の叩き染め」を体験しました。
藍の葉は、生きていて空気に触れると色素が酸化し、色が黄緑から青緑へと変化します。
叩き染めは、藍の葉のみが可能な染色です。
生きている葉を、ちぎり直後に染める。
たかが染色なのですが、参加者は感動を覚えました。
各自、育成用の藍を持ち帰り、水耕栽培で根を出し、プランター等に植え、葉を育て何度でも生葉で染色ができます。夏には白やピンクの藍の花を愛で、花が終わりましたら、種を取り来年の3月頃にまた植えていただきますと、翌年にまた藍を育てることができます。これも、染物屋さんからの伝承なのです。

a0135894_11361584.jpg


a0135894_11364334.jpg


a0135894_1137277.jpg


a0135894_11455668.jpg

藍の葉は、枯れても茶色にならず、この黒い部分が藍色の色素なのです。

a0135894_11384262.jpg


a0135894_11392770.jpg


本日のお弁当は、人形町名物 BROTHER'Sのハンバーガー

二次会は、オムチャントーンでの交流会でした。


リンク:布礼愛工房

a0135894_11415482.jpg



a0135894_11471981.jpg


a0135894_11474338.jpg

皆それぞれに素晴らしい作品で、山田平安堂の山田社長は会社のロゴを染めました!!
[PR]
by kosakai_blog | 2014-07-15 18:18 | お江戸日本橋伝承会
2014年実施 食品表示検定試験合格者一覧
2014年7月9日食品表示検定試験の合格者が発表されました。

《食品表示検定試験合格者》

◎中級

◆本社 営業部
AK
MT
UK
以上3名合格

【小堺化学工業㈱ 資格取得社員累計】

●食品表示検定
初級  1名(管理部1名)
中級 20名(営業部18名・業務部1名・管理部1名)

●惣菜管理士
三級惣菜管理士 24名(営業部22名・業務部1名・管理部1名)
二級惣菜管理士 15名(営業部14名・業務部1名)
一級惣菜管理士 11名(営業部10名・業務部1名)

●毒物劇物取扱
15名(社長室1名・営業部10名・業務部2名・管理部2名)

●薬剤師
1名(社長室)

●栄養士
7名(営業部3名・業務部4名)

●調理師
2名(営業部1名・管理部1名)

●食品衛生管理者
1名(営業部)

●一種衛生管理者
2名(経営企画部1名・管理部1名)

●日商簿記2級
5名(営業部2名・業務部2名・管理部1名)

●防火管理者
1名(管理部)
[PR]
by kosakai_blog | 2014-07-09 14:19 | 有資格者



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.