<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧
食のサロン その54 《江戸前鰻の話⑩ 鰻店は何と言っても江戸東京?》
江戸前と言う言葉はそもそも鰻を指していたそうである。
嘉永5年(1856年)に江戸前大蒲焼番付表と言う物が出されており江戸に有った221軒もの鰻店が記載されている。
番付表を見ると知っている店の名前を目にする事も出来る。
世話役として山谷重箱、番付の上位には浅草「前川」明神下「神田川」等現在も営業を続け繁盛している鰻店が登載されているからである。
推測ではあるが江戸には400軒を超える鰻店があったと考えられており、それに蒲焼売りとされる屋台の露天商等を加えると800軒位の鰻屋があったのではないかとの説もある。
人口比からするとその数は極めて多く、しかもその殆どが鰻料理以外は扱わない専門店であった事も驚きである。
その数字を少々割り引いても如何に江戸っ子が鰻好きであったかが窺い知れる。
当時の江戸は隅田川に代表される大きな川だけでなく掘割や水路が張り巡らされ沼や池も多く点在し鰻にとっては格好のすみかとなっていた。
浅草蔵前周辺は幕府の米蔵が並んで建ち船を利用して運び込まれる米俵から零れ落ちる米を餌にした肥えた鰻が捕れたと言われている。
江戸の商業の中心地とされた日本橋界隈や職人が多かった神田近辺、随一の繁華街であった浅草には今でも有名な鰻店が多くある事で知られている。
現在の日本橋界隈の有名店は小網町の「喜代川」室町の「いずもや」「伊勢定」「大江戸」に加え「高嶋屋」「室町宮川」「小伝馬町宮川」。
元全日本代表でサッカー解説の松木安太郎の実家として知られる「近三」もその一件である。
神田では神田明神下「神田川」が粋な黒塀の風格のある店構えで迎えてくれる。
北辰一刀流千葉周作道場があったとされるお玉が池跡に店のある「ふな亀」。
神田駅近くの「菊川」外神田の「久保田」湯島天神下「小福」等がある。
浅草も創業100年を超えるような老舗がそろっている。
駒形の「前川」雷門の「やっこ」新仲見世「つるや」その他にも「色川」「小柳」「初小川」「川松」等名店が味を競っている。
また向島を始め神楽坂、赤坂等、花柳界のある地には必ず鰻の老舗があるのも面白い。
「向島宮川」神楽坂の「志満金」赤坂の「ふきぬき」等が評判の店でもある。
江戸川沿い帝釈天、寅さんで知られる葛飾柴又にも川魚料理、鰻の老舗は多い。
「川千家」「川甚」等は創業100年を超える老舗として評判の店である。
映画「男はつらいよ」の第一作でクライマックスとなる寅次郎の妹さくらと博の結婚披露宴シーンは川甚で撮影された事は知られている。
山の手では江戸川橋の「石ばし」「はし本」等の老舗が繁盛している。
麻布にある「野田岩」は江戸期創業の老舗である。
当主「金本謙次郎」は長年続けている仕事も単なる作業にしてはならないと常に追求心を持ち職人技を貫いている。
平成19年に鰻職人として初の現代の名工に選ばれている。
開いて串に刺した鰻の皮と身の間の余分な脂を素焼きの段階で焼いて落す。
表面を団扇であおいで冷ましながら内を焼く要領である。
たれを付けて焼く作業は4回繰り返し炭を置く位置、団扇をあおぐ速度等を微妙に調節しながら焼き色を出す事に全力を注ぐ。
表面をこがさずにぎりぎりの処で黄金色に焼き上げる、まさに職人技である。
ところで野田岩本店に掛かる看板には「狐うなぎ」とある。
「狐うなぎ」とは、かつて野田岩で提供されていた利根川上流で捕れる狐のように口が細い事からそう呼ばれた天然鰻との話である。

                                       文責:小堺化学工業㈱ 営業部長 青木知廣
[PR]
by kosakai_blog | 2014-09-29 16:33 | 食のサロン
第33回「お江戸日本橋伝承会(小島豊美氏)」 2014.9 於:本社3F 会議室
◆開催日時
2014年9月3日(水) 18:30~20:30

◆テーマ
『デジタルで制作された江戸明治の江戸の地勢地図』

◆講 師
㈱ジャピール代表・地歴プロデューサー 小島豊美氏

a0135894_1759418.jpg






a0135894_1832035.jpg


a0135894_1834273.jpg




◆概 要
第1回「グッド・ビジネス・アワード」グランプリを受賞された小島豊美氏は、江戸・明治・昭和の時代ごとの地図を重ねてデジタルデータ化に挑戦されている第一人者です。

a0135894_1861531.jpg


1948年両国生まれの小島氏は、子供向け音楽をプロデュース。
代表作「およげ!たいやきくん」で第9回レコード・セールス大賞を受賞。
レコード、ビデオ等の音楽制作を経て、後世に残したい日本の文化を最新メディアで再現。
現在は、CD-ROM,DVD-ROMの企画から製作及び販売業務をされている。
「江戸東京重ね地図」は様々な賞を受賞。
また、子供に聞かせるための落語CD「おやこ寄席」をも製作している。


《地歴を伝えて温故知新で都市地域の観光活性おもてなし多言語対応SNS》

●東京がどれだけ豊かな文化都市だったのか
江戸を知る基本情報をさらいましょう

●重ね地図で見る江戸の変遷
町がいかに変わってきたかの具体的例を画面を見ながら説明します
両国橋はいまより50M下流にあった・両国広小路はその後の都市計画
で町の痕跡すら無い・蔵前の櫛の歯のような形状、

●地名町名の変遷 
明治初期廃藩置県→関東大震災→太平洋戦争→東京オリンピック
大区小区の時代→15区6郡→35区→23区
大きく変わった地名町名、暗渠になった道、バス停などに残る旧地名、
墨引、朱引で決められた江戸の範囲・江戸から明治にかけての村と町の関係、などなど

●文化芸術と地歴の関係
歌舞伎、落語、講談、浪曲、芝居、映画などとの江戸東京の地歴変遷
落語『黄金餅』の道中付け
練塀町のような下谷、神田に移動させられた町の話

●旧町名の残る牛込地区の行政との戦い
昭和37.8年オリンピックを前に旧町名をいかにして残したか

●これからの地歴を活かしたの町の発展


お話を伺わないと理解できない重ね地図でしたが、PCの画面上で江戸⇒明治⇒昭和の地図の変遷を実際に体験するとなかなか楽しすぎるタイムトラベルの90分でした。
自分のご先祖様の時代の地図を探したり・・
今後は、さらにこの古地図にどんどん書き込、自分だけの重ね地図を作って欲しいと小島氏は語り、お一人で地道な努力で作り上げた重ね地図は、まさに今だからこそ作り上げて、伝承すべきであると熱く語られた。
参加者は早速、DVDを入手し各自のPCでのタイムトラベルを楽しまれているようだ。



※お土産:「おやこ寄席」のCDです!!

※お弁当:「十四郎」特製弁当

リンク:㈱ジャピール

※集合写真※

a0135894_1851469.jpg



a0135894_1891190.jpg



※2次会:「はたの」※



                                     文責:小堺化学工業㈱ 広報 小堺ひとみ
[PR]
by kosakai_blog | 2014-09-29 15:19 | お江戸日本橋伝承会
食のこぼれ話 その63 《たまごふわふわ》   2014.10
江戸時代に静岡県の袋井に東海道の旅人を相手に、「たまごふわふわ」という料理を提供していたと、江戸時代の文化10年(1811)、仙台下向日記に記載されているとのこと。
出汁の入った煮汁に、溶き卵を加えてふわふわした丼ものであった。
現在は、袋井市の郷土料理として地域活性のための料理として提供している。

                                          文責:小堺化学工業㈱ 顧問 成瀬宇平
[PR]
by kosakai_blog | 2014-09-17 18:52 | 食のこぼれ話



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.