<   2015年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧
食のサロン その64 《江戸・東京 食事情 ⑧ 洋食 》2015.8

トンカツの話の冒頭で「和製洋食」と言う言葉を使ったが、我が国で言う「洋食」とは当初は西洋料理を指していたと思われる。
しかし、現実にはオムライスやスパゲッティナポリタン等どこの国へ行っても、日本の洋食にあたるこれらの料理は存在しない。
とんかつと同じように、食の歴史の中で生まれた我が国オリジナルの料理であり、その意味では今日言われる「洋食」は日本食のジャンルと言える。
明治以降に我が国で考案された料理であれば当然発祥とされる店や、考案者とされる人がいる。
記録等定かでない部分はあるが一般的に伝わる話を紹介する。
「スパゲッティナポリタン」はナポリ生まれではなく横浜のホテルニューグランドが発祥とされる。
当時の料理長が進駐軍のコックが作るトマトベースのスパゲッティにヒントを得て、ケチャップを使ったスパゲッティを考案したのが始まりらしい。
「ハヤシライス」はハッシュドビーフにヒントを得て考案され、ハッシュドライスからハヤシライスとされたと言う説がある。
もう一つ書店として有名な丸善の創業者林有的が名の由来と言われる「ハヤシ(林)ライス」説がある。
林有的は、ヘボン式ローマ字で知られ医者であるヘボン博士に師事した。博士より当時不足していた医学書、薬学書を始めとした洋書と薬品を輸入するよう進められ、西洋貿易を行い西洋料理にも通じていたとして知られる。
「ケッチャップライス」を薄焼き卵で包んだオムライスは大阪の北極星と言う店が発祥と言われている。
東京の創業が古い洋食店の中には上野の「精養軒」、日比谷の「松本楼」等の大型店があり、そこでコックの修業をした人たちが各地で店を開業した。
それらの店が地域の洋食店として洋食の普及に貢献する事となる。
天皇の料理番と言われた秋山徳蔵も、料理長を務めていた事のある「東洋軒」は既に無いがその支店であった三重県津市の「東洋軒」が伝統の味を守っている。
日本人になじみのない西洋料理を日本人向けにアレンジした洋食は、味だけではなく提供する店構えも和の要素を取り入れている。
今は少なくなってしまったが、昭和の頃までは座敷で畳に座って食べる洋食屋があちこちに結構あった。
もちろんトンカツ屋は、座敷に座って箸で食べるスタイルが当たり前のように思い浮かぶ。
小堺化学工業㈱本社のある人形町には座敷で食べる洋食屋として「芳味亭」「来福軒」等が今も変わらぬスタイルで繁盛している。
2011年創業80年を迎えた日本橋の「たいめいけん」は、お料理110番として一般の人から料理に対する質問に親切に答え、洋食の普及に努めて来た。
年配者から色々と食べたいが沢山の量は食べられないと話を聞き、小皿に色々な種類の洋食を少量盛った小皿料理を提供して、今も店の看板料理となっている。
伊丹十三監督の映画「タンポポ」ではケチヤップライスにオムレツを乗せてそれをナイフで開いてトロトロのオムライスとする「タンポポオムライス」が考案され店の名物となる。
洋食店なのにラーメンもメニューに加えこちらも評判を得ている。
アイディアを持って新しい試みを成功させる事でも知られている。
西洋料理を日本風にアレンジして日本人の物と成った洋食は、歴史を経てクラッシックとなったがこれからも進化を続けて行くのだろうか。


                        文責:小堺化学工業㈱ 営業部長 青木知廣







[PR]
by kosakai_blog | 2015-08-11 21:52 | 食のサロン



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.