人気ブログランキング |
第30回 MNC勉強会 (於:小堺化学工業㈱)
◆開催日時
2017年6月10日(土) 10時~13時30分

◆開催場所
小堺化学工業株式会社 MPホール

◆参加者
MNCメンバー、小堺化学工業関係者および関連企業、オブザーバーなど23名

◆話題提供のテーマと概要
Ⅰテーマ:「学校給食の現状と課題」
 講 師:元練馬区教育委員会保健給食課 栄養士 築山俊二氏
 概 要:学校給食の歴史、現状や今後の課題等の講演

Ⅱテーマ:「食べ物のゆくえ 腸内細菌の働き」
 講 師:鎌倉女子大学 生物資源科学博士 管理栄養士 土屋知弓氏
 概 要:食べ物が口から入り、どのように消化吸収されるか腸内細菌の働きについて、また今話題の腸内環境、プロバイオティクス、乳酸菌の種類とヨーグルトの選び方等の講演

◆MNCについて
 武蔵野栄養学校の卒業生の勉強会として立ち上げたMNCであったが、参加者の輪が広がりみんなのネットワークとして活動してきたが、昨年 MNCの世話人代表の成瀬宇平氏の逝去を機に、メモリアルのM 故成瀬氏のN の意味で活動を継続することとした。

◆次回活動
 8月に故成瀬先生の一周忌に有志にてお墓参りをし、10月に第31回MNCを開催予定

# by kosakai_blog | 2017-06-21 12:23 | MNC(みんなのネットワーク)
第57回「お江戸日本橋伝承会」(金子あい氏・永田砂知子氏) 2017.4.5

開催日時:201745日(水曜日)18302030

場 所:小堺化学工業株式会社 B1MPホール

テーマ:『平家物語 -語りと波紋音(はもん)―』~こんなに面白い!祇園精舎、那須与一~

講 師:舞台俳優 金子あい氏(語り)・ 打楽器奏者 永田砂知子氏(波紋音演奏)

◆概 要:

金子あい氏は、外見からは想像もつかぬ迫力のある語りで、「祇園精舎と那須与一」を原文のまま語る素晴らしい方です。

金子氏の語りとともに皆様へはWSで声に出してみると「平家物語もこんなに面白い」という体験をしました。

また、永田砂知子氏は、世界で一人、世界で一つの波紋音(ハモン)という独自の楽器演奏をされる方です。

鉄のスリットドラム・波紋音 その音は水琴窟のような繊細な音から生命の記憶を呼び覚ますような音までも表現できます。

金子氏の語りの効果音として、女性ならではの繊細な表現を楽しみました。

語りと音の融合を参加者で体感してみました。

平家物語とは?

わかりやすいあらすじや見どころを解説していただき、まずは声に出して体験をしてみました。

それから、金子氏と永田氏の融合で表現される平家物語を鑑賞し、語りの素晴らしさを是非伝えたくなりました。目の前での、心にしみる波紋音と語りの迫力はまたとない90分となりました。

《講師からのメッセージ》

「語り物」という耳から聞く文学として長く語り継がれてきた「平家物語」の原文は、日本語としてとても美しく洗練されています。

現代人にとって原文は耳慣れなくて分かりづらいかもしれませんが、少しずつ聴いているうちに独特のリズムと深い味わいに気づいていただけると思います。

私たちは、あえて原文で語り、従来の語り物のように座ったままではなく、例えば戦の場面では勇壮な武士になり、宮中の場面では美しい衣装と共に舞を織り交ぜるなど、物語を立体的に見せる工夫をしています。また現代楽器でありながら時空を超えた音色を持つ「波紋音」を用いて空間や登場人物の心理などを表現します。

古典に馴染みのなかった方も、この機会に立体的な「平家物語」を体験してみませんか。

きっと現代ドラマを見る以上に楽しんでいただけると思います。

私たちと一緒に800年前の「平家物語」の世界へ旅をしましょう。

                       文責:小堺化学工業㈱ 広報担当 小堺ひとみ


# by kosakai_blog | 2017-04-21 16:41 | お江戸日本橋伝承会
第56回「お江戸日本橋伝承会」(松尾慧氏) 2017.3.1
◆開催日時:2017年3月1日(水曜日)18:30~20:30

◆場 所:小堺化学工業株式会社 B1MPホール

◆テーマ:『はじめてなのに なつかしい・・・~篠笛をきいてみましょう~』

◆講 師:横笛奏者 松尾 慧氏

◆概 要:

松尾慧 (まつおけい)氏は一言でとてもチャーミングな先生で、当日
は静岡から上京頂き、参加者は心にしみる、感動の篠笛の音色を拝聴
させていただきました。

「わからないことは何でもお答えします。」と基礎さえしっかりできたら、
どんな曲も吹けるようになるとのご指導で当日のWSは、無理をお願い
して、「ほたるこい」と「さくらさくら」を試みました。
どうにかどうにか曲らしく・・楽しいひと時を過ごしながら暮れまでに何
か一曲吹けると信じて。

松尾慧氏は、日本の伝統的横笛(篠笛、能菅、龍笛、神楽笛など)を演奏、現代邦楽の合奏や、雅楽、民俗芸能の演奏のほか、ソロ、様々なアンサンブルの形で活動していらっしゃいます。

箏、三絃、琵琶などの邦楽器とのアンサンブルにとどまらず、多様な洋楽器、民族楽器とのセッション、舞踊とのコラボレーションにも取り組まれ、
能管を能楽森田流松田弘之氏に、龍笛、高麗笛、神楽笛を伶楽舎宮丸直子氏に師事。

篠笛は、仲林光子氏に手ほどきを受け、竹井誠、鯉沼廣行、村山二朗各氏に、古典、現代曲、民俗芸能の笛を学ばれています。

日々のルーティンは、午前中の3時間の練習とのこと。

先生からのひと言は、笛を吹くのではなく、歌を歌うようなブレスをする事が大切。

2017年たくさんの横笛奏者の誕生を夢見ての90分でした。

                     文責:小堺化学工業㈱ 広報担当 小堺ひとみ



# by kosakai_blog | 2017-03-10 13:21 | お江戸日本橋伝承会
第55回「お江戸日本橋伝承会」(熊倉千砂都氏) 2017.2.1
◆開催日時:2017年2月1日(水曜日)18:30~20:30

◆場 所:小堺化学工業株式会社 B1MPホール

◆テーマ:『170年ぶりに日本橋に江戸切子が復活!!そもそも江戸切子とは・・・』

◆講 師:江戸切子の店 華硝 取締役 熊倉千砂都氏

a0135894_16415372.jpg


◆概 要:
知っているようで知らない一つに江戸切子があり、日本橋の発祥の地で新店舗を立ち上げた「華硝(ハナショウ)」さんに江戸切子についての講演していただきました。
見てよし、使ってよし、作ってよし(三方よしの世界です)
いろはから今後の展開まで、役員の熊倉様から江戸切子の知的なお話を伺い、目から鱗のお話満載の90分でした。


「江戸切子は実は江戸(日本橋)で制作していたので江戸切子と言われています」というお話をセミナーなどで行いますと、受講者の方々に驚かれます。
「墨田区じゃなかったの?」(戦後は江東区の地場産業として発達しています)
「墨田区には江戸切子の工房はありません。問屋さんのみです」「!?」
意外と名前は知られているけれども、その詳しい実態をうまく伝えられていないのが「江戸切子」だと思っています。

a0135894_16292517.jpg




a0135894_16431620.jpg


江戸切子発祥の地日本橋で、本物の江戸切子の歴史、文化、工程、紋様をお伝えしながら実際に見て触って五感を使って、参加者にお楽しみいただきました。



a0135894_16485188.jpg





日本橋にある「華硝」さんの小さな博物館のような店舗には、2008年の洞爺湖サミットで、国賓への贈呈品として採用された米つなぎワイングラスも展示してあります。
気軽にご覧いただけるスペースです。

a0135894_1648456.jpg



切子のイメージが大きく変わります。場所は日本橋「小津和紙」裏、べったら市の「宝田恵比寿神社」斜め前 昭和通から入って一軒目の白い三階建てビルです。


リンク:華硝日本橋店
 http://www.edokiriko.co.jp/access.html  

a0135894_15594625.jpg
a0135894_16301134.jpg




                                   文責:小堺化学工業㈱ 広報担当 小堺ひとみ
# by kosakai_blog | 2017-02-28 15:35 | お江戸日本橋伝承会
第29回 MNC勉強会 (於:分とく山)
◆開催日時
2017年1月21日(土) 10時~13時30分

◆開催場所
港区南麻布「分とく山」本店

◆参加者
MNCメンバー、小堺化学工業関係者および関連企業、オブザーバーなど41名

◆話題提供のテーマと概要
MNC第29回 2017年の勉強会及び新年会の報告

小堺化学工業㈱小堺社長により長年本会の世話人代表をされていた鎌倉女子大名誉教授故成瀬宇平氏に対して黙祷をささげて開会。
世話人代表築山氏から成瀬先生の遺志を引き継いで本会を発展させていきたい旨の挨拶。

1部勉強会

テーマ1:ネット社会においての正しい情報選択についての方法についての講演

話題提供者:主婦の友社 八木祥人氏(鎌倉女子大土谷先生より本日の講師主婦の友社八木祥人氏の紹介。)

フェークニュースが話題となっているが食の情報に関しても虚実の見極めが必要である。メディア・リテラシー能力を上げる為に目的を明確にして事実、認識、評価を分類して把握するなど具体的な例を上げながら講演を頂いた。

テーマ2:新しい切り口で理論立てて食文化の誤解や間違いに踏み込んだ話題提供。

話題提供者:分とく山野崎総料理長

来月発行の著書より日本人が刺身を多く食べるようになったのはまだここ50年。
経緯は炊飯器の普及。


その他参加メンバーの日本農産の横山氏、フジキンの平岡氏より国産キャビアの話題、
東京医科歯科大学の西原氏、スポーツ栄養の村越氏、伊藤食品島岡氏からハム・ソーセージ
紀文食品萩原氏よりゼロカロリー麺及び麺つゆ、
管理栄養士堀氏から22日発刊の著書「若返り食生活」の話題提供などがありました。

新潟から上京した増子の佐藤氏の発声で宝酒造協賛の澪(スパークリング清酒)にて乾杯。
各人が持参した地元や銘柄の酒類と共に分とく山の料理を堪能した。
メンバーの清水氏から閉会の挨拶と本日のお礼。続いて藤井氏音頭で本会の発展を祈念して手締めを行い閉会。

次回は6月10日(土)に小堺化学工業MPルームにて開催予定。

                                     文責:小堺化学工業㈱ 営業部長 青木知廣
# by kosakai_blog | 2017-01-31 16:53 | MNC(みんなのネットワーク)



コラムや社内行事の模様をお伝えします。
by kosakai_blog
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
添加物歳時記
調味料のいろは
今月の酒の肴
食のサロン
お江戸日本橋伝承会
社長の呟き
室長の囁き
イベント
社会奉仕
有資格者
アスリート
コーヒーブレイク
MNC(みんなのネットワーク)
ABOの会
その他
伝習会・交流会
食のこぼれ話
知識のとびら
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 11月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2005年 10月
2005年 03月
2004年 02月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
Copyright (C) KOSAKAI CHEMICAL INDUSTRY. All rights reserved.